帰熊

帰熊しました。黄砂と寒さにすこしビックリしています。

のぞみ畑
R30011926.jpg

R30012084.jpg
物産館、道の駅など農産物の直売所で見られるコピーが新幹線の中で、しかも安全・安心野菜を作り出しているのがJR東海グループ直営農場(常滑農場)で、これにはかなりビックリしています。

JR東海といえばCMで印象的なものが多く
X'mas エクスプレス シンデレラエクスプレス ハックルベリーエクスプレス そうだ 京都行こう
特にハックルベリーエクスプレスそれからそうだ京都行こうの各シリーズいいですねえ ↑それぞれクリックで飛びます。
そこが作る野菜、なんだか野菜作りがやたらカッコよく思えます。

新幹線の中iichikoのCM曲を・・・・。
R30012022.jpg
スポンサーサイト

昭和の日の明治

三重県庁舎
R0011583.jpg

R0011595.jpg

聖ザビエル天主堂
R0011667.jpg

R0011656.jpg

R0011679.jpg

帝国ホテル中央玄関
R0011712.jpg

大須界隈

大須観音
R0011482.jpg

R0011473.jpg

R0011481.jpg

R0011479.jpg
骨董市があり大変な賑わいでした。昔ながらの氷カキ装置がありチョイトほしいなあと・・・・。

万松寺
R0011488.jpg
引用
天文9年(1540年)、織田家の菩提寺として織田信秀が開基。信秀の叔父にあたる雲興寺八世・大雲永瑞和尚を開山に迎え、那古野城の南側に建立された。当時は現在の中区錦と丸の内2丁目・3丁目にまたがる広大な寺領を持っていたが、慶長15年(1610年)、名古屋城を築く際に小林邑(現在の大須3丁目)に移建した。
引用終わり

併設の稲荷さん
R0011489.jpg
引用
白雪稲荷. 白雪枳尼真天(はくせつだきにしんてん)がお祭りしている。 起源は千年も前からここに住んでいた白狐が白雪様の狐族となり祭られたものだという。 霊験深妙で一般庶民の尊信が深く、商売繁昌、家内安全等を希う参詣者の香煙が絶えることがない
引用おわり

併設の身代わり不動明王
R0011490.jpg
「加藤清正が命名した」と伝えられている不動明王の石像が祭られています。

熱田神宮

大須界隈と熱田神宮に出向きました。

熱田神宮
R0011509.jpg

R0011512.jpg

R0011519.jpg

R0011522.jpg

R0011514.jpg
結婚式をやっていました。

御朱印
R0011562.jpg
奉拝(つつしんで拝むこと) こんなこと言ってはいけないのでしょうが熱田神宮はっきりいってしょぼいですねえ。

熱田の森は近場でなかなかに安らげる場所です。

豊川稲荷

私の稲荷信仰も商売繁盛を願いまさにヒートアップしています(USO)。今年はすでに三大稲荷のひとつといわれている祐徳稲荷神社(佐賀県鹿島市)に二度、初午の時に五大稲荷のひとつといわれている高橋稲荷神社(熊本県熊本市)の近くまで(交通規制で近付けず参拝する事が出来ませんでしたが)などアプローチをしています。

豊川稲荷は何度か訪れてますが「いなり寿司」は一度お土産で買って帰っただけ、というのは信仰心の向上とは関係ありませんが訪れてみました。なんとJRの駅が立派になっていました。

門前町
R0011425.jpg
風神雷神図屏風(建仁寺)BLOG2010.04.21見ることができませんでしたが、ここで看板をしていました。

R0011421.jpg

R0011414.jpg

他の稲荷さんは神社なのですがここ豊川稲荷は寺院です。ただ鳥居はありますが、例のダダダダーっと赤い鳥居の行列はないようです。
R0011402.jpg

R0011348.jpg

R0011349.jpg

R0011355.jpg

R0011353.jpg

R0011372.jpg
天気も天気で人でもほとんどなく、木々がうっそうと薄暗く、風が強くカネか鈴ががなり、不気味というかなかなか神秘的でした。

御朱印
R0011412.jpg
豊川駅を降り稲荷さんへの道中強風で傘が破壊しました。御朱印を頂いている時に「えらい天気になりましたねえ~ どちらから?」「はい熊本です」「そしたらすべて回られんでしょうから、東海百観音をまわった事とにしておきましょう」と・・・・。(東海の百の寺々めぐりきて札打ち納め豊川の寺)ありがたや・ありがたや。
左はご本尊 「豊川咤枳眞天」です。

豊川稲荷
引用
愛知県豊川市豊川町1番地にある曹洞宗の寺院である。
正式の寺号は妙厳寺(みょうごんじ)、詳しくは円福山 豊川閣 妙厳寺(えんぷくざん とよかわかく みょうごんじ)と称する寺院であり、一般には「豊川稲荷」の名で広く知られる。本尊は千手観音。「稲荷」は鎮守として祀られる荼枳尼天(だきにてん)のこと。
日本三大稲荷の1つとされる。ただし三大稲荷の定義には諸説あるが、豊川稲荷では他の2箇所を伏見稲荷大社、祐徳稲荷神社としている。
歴史
嘉吉元年(1441年)、東海義易によって創建。室町時代末期 今川義元が伽藍を整備した。 現存する諸堂は江戸時代末期から近代の再建である。
稲荷信仰
前述のとおり、豊川稲荷の「稲荷」とは荼枳尼天のことである。当寺では「だ枳尼真天」と表記する「だ」は口偏に「託」の旁)。荼枳尼天はインドの古代民間信仰に由来する女神であるが、日本では狐信仰と習合し、稲荷神と同一視されるに至った。
鎌倉時代の禅僧寒巌義尹(豊川稲荷では法祖として尊崇)が入宋し、文永4年(1267年)、日本へ船で帰国の途上、荼枳尼天の加護を受けたのがきっかけとなり、この神を護法神として尊崇するようになった。後に寒巌の6代目の法孫にあたる東海義易が妙厳寺を創建するに際し、寒巌自作の荼枳尼天像を鎮守として祀ったという。豊川稲荷で配布している御影を見ると、荼枳尼天は白狐の背に乗り、稲束をかついだ女神である。
その後、開基の今川義元、織田信長や豊臣秀吉、九鬼嘉隆、徳川家康などからの帰依を受けたほか、江戸時代になると、大岡忠相や渡辺崋山からの信仰を受け、更には商売繁盛の神として庶民からも信仰されるようになった。また、皇族においては有栖川家等も帰依し、「豊川閣」の篇額を寄進したことから、豊川閣とも呼ばれるようになった。
稲荷神社としては京都の伏見稲荷大社を総本山としているが、豊川稲荷は神社ではなく寺であり、上述したように、信仰対象は「稲荷」と通称されてはいるものの、稲荷神そのものではなく、荼枳尼天である。

引用終わり Wikipediaより

いやはや面白いです。

トマト大福

今日はまだあったと娘がトマト大福を買ってきました。

R0011290.jpg
羽二重餅、白アン、トマトという構成とは違い、本日のはトマトのなかにさらにクリームが入っており、想像していた以上に口になじんで、これはこれであるのかもしれません。

検索では、如水庵トマト大福 トマト大福熊本 トマト大福北本 トマト大福埼玉と並んだわけですが、結構数がありそれぞれに工夫があるように思われ、トマト大福といえば「そうあれね」と一言では語れないようです。

トマト自身の味も個性があり美味い美味くないばかりでなく、味をコントロールできる作物だと思いますが、はずすとはずれますのでケチャップなどの加工品とは違い、トマト一個使いの大福はトマトの味の個性をだしながら、安定した味のトマトを調達するのはなかなか難しいことだと思います。環境を安定させた野菜工場での生産になるかもしれませんし、ただし大福に合うトマトというのも少しおかしいかも知れません。

久々に

24日のこと、富山から戻りレンタカーを戻すまでには少し時間がありましたので、久々にチョコリングを食べてみたいと思い(家族はどうしてもというほどではないようですが)アンティークへ行って見ました。駐車場が拡大され店には行列ができていて、ネットで注文しても2ヶ月待ちがうなずける気がしました。

世界遺産五箇山合掌造り集落
R0011199.jpg
すでに桜は終っている所からから、彷徨った結果の遭遇はうれしい感動があります。

アンティーク
R0011241.jpg
久々のチョコリング美味しゅうございました。
世界遺産五箇山合掌造り集落とはま逆と思われる中での心地よさを思う矛盾。

今、家人がミツバチ減少の原因が新ネオニコチノイド系農薬の使用に因果関係があるのではという新聞記事を読んでいます。昆虫の方向感覚を狂わせ筋肉を収縮させて・・・・、ただ新しい農薬で人体の影響などは解明されてないらしい・・・・。2005年頃からいわれているようですが未だに今後の方向がでてないのでしょうか。

Fさんへ連絡事項

ふるさとウォークご苦労様です。
x1c-s
で一里木の件で連絡です。

豊前街道1<--クリックで飛びます。
豊前街道2<--クリックで飛びます。

参照下さい。

潮干狩りのはずが

潮干狩り
潮見表では○でしたが、TELで各漁協に問い合わせたところ24日はやってませんとのことで、急遽あてもなく出発しました。
南に向かって数百m走り方向だけですがあては北に決まりました。

長良川SA
R0011052.jpg

ひるがの高原SA
R0011069.jpg

松ノ木峠(高速道路の標高日本一1,085m)
R0011078.jpg

清見ICから先は初で時間の許す限り先に進みました。
飛騨トンネル
R0011082.jpg
引用
飛騨トンネル(ひだトンネル)は、岐阜県の飛騨市河合町と大野郡白川村との間にある東海北陸自動車道のトンネル。
全長は10,710mで道路トンネルとしては関越トンネル、山手トンネルに次ぐ日本国内3位、世界でも12位の長さ。

概要
長大トンネルとしては九州自動車道の肥後トンネル同様、トンネル内に県境がない。また本トンネルは暫定2車線[1]で開通しているため対面通行であり、さらに下り線(小矢部・砺波方面)では下り勾配により速度が増すため運転の際は特に注意が必要である。
国道360号天生峠は幅員狭小で急カーブや急勾配が続き、1年の約半分が冬期通行止めであるのに加えて夏季であっても崖崩れなどによる通行規制が絶えない。高山方面から世界的な観光地である白川郷・五箇山方面へ向かう観光バスなどは一旦荘川ICへ向かい、そこから国道156号を北上するという大回りなルートの選択を余儀なくされていた。飛騨トンネルは単に高速道路の一部というだけではなく、そういった山岳地方特有の問題を解消する役割も担っている。
トンネルは断面積16m2の先進坑(避難坑)と同130m2の本坑で構成され[1]、ルートについては飛騨河合PAと白川郷ICとをほぼ一直線に結ぶ、籾糠山(標高1,744m)を貫くコースとなっている。
またトンネルには換気立抗がなく、車道下(工事上掘った作業坑がある区間ではそれを換気坑として利用[2])に換気坑が設けられている(長大トンネルとしては世界初の選択集中排気式縦流換気システムを採用)。なお、工期に間に合わずまだモルタル吹きつけのみのところが残っており数年後にもう一度施工し直す予定がある。

建設工事
籾糠山はそれまでトンネルの掘削例がなく[1]、ボーリング調査も殆どうまくいかなかったためまさに「蓋を開けてみるまでわからない」状態で工事が開始された。
最大土被りは1,000mを超え、水圧は5.4MPa(55kgf/cm2)、最大湧水量は毎分70tになるなど青函トンネル以上の数値となり、刻々と変わる地盤と相俟って建設開始当初の予想を超えた難工事となった。その過酷さを証明するかのように投入されたトンネル掘削機(先進坑に直径4.5mの「天生太郎(フルシールド型)」、本坑用に同12.84mの「夢天生2000(改良オープン型)」)のうち「天生太郎」については幾多の水抜坑を設置しカッター部分を改良しながら掘削を進めてきたが、貫通まで残り310m地点で土圧により潰れて停止してしまった。シールド部分が破壊されもはや修復不可能の状態であった。
その後今後の掘削に関する委員会が開かれ、トンネル掘削機が使用できなかった箇所はNATM工法による掘削を行った。なお、天生太郎の側壁部分はトンネルの一部としてそのまま残される事となった。この天生太郎が掘り進んだ避難坑の掘削データにより本坑の夢天生2000も軟弱地盤に埋もれるなどしたが、危険に阻まれながらもなんとか掘り進んだ。その夢天生2000も貫通後に、天生太郎とほぼ同じ場所で土砂に埋もれてしまい、外殻がトンネルの一部分として山中に残されている。
本坑の貫通後再び貫通点での崩落など異常事態が発生し、それが付帯工事の遅れにも波及してしまう。その結果、現場の切実な声に中日本高速道路株式会社は2007年度末としていた開通時期を変更せざるを得ない状況になってしまった。
なお、本トンネルは入口間の高低差が約214mあり、白川村側から飛騨市側へ2%の上り勾配である。施工時の排水や、飛騨市側坑口の交通が不便であったことを考慮して当初は白川村側からのみの掘削予定であったが、前述の難工事ゆえ迎え掘りの必要に迫られ飛騨市側から下り勾配での突っ込み施工を急遽行ったため両側での掘削開始時期が異なっている。
前述の通り当初の開通予定(当初は2005年に愛知県で開催された愛・地球博前の完成を予定していた)より3年9ヶ月(延期後の開通予定からも更に3か月余り)遅れての開通となった。総事業費は約1,000億円。
これら一連の土木史上稀に見る難工事にも関らず、同様に難工事であった青函トンネルや安房トンネルに対して死亡事故0を達成している。
引用終わり Wikipediaより

白川郷を過ぎさらに
世界遺産五箇山合掌造り集落(菅沼集落)
R0011150.jpg

R0011132.jpg

R0011177.jpg

R0011182.jpg

結局富山県まで・・・・一転海から豊富な山まで。

本探し

本を探しに名駅に行きました。本来なら雑誌は別にしてほとんどネットでの入手が多いのですが、たまには本屋さんにもと思い出かけたしだいです。しかし名駅では目的の本はなくどうするかと金山まで戻り昼飯を食し、まあ栄まで行くかと・・・・。

金山で
R0011035.jpg

栄で目的の本が
R0011045.jpg
BLOG2009.08.25<--クリックで飛びます。
460円+税と交通費より安くこれではと

これも
ウインナーソーセージ
R0011048.jpg
明治屋のウインナーソーセージ、私としてはこれつまみになかなかいいのでまとめ買いです。(孫も食いましたが)

それから本はこんなのも
R0011047.jpg

そんな寒い一日でした。

京都3

総合診療医ドクターG、ビデオを見ながらベテラン医師が、研修医やゲストに質問やヒントを出しながらが研修医が正解の病名を導き出していく推理番組です。昨日は「激しいめまいは、なぜ?」で 最初の段階では可能性のある病名で特に命にかかわるようなものからあげ絞り込んでいくようです。めまいの質、持続時間、歩行障害、頭痛、吐気嘔吐、ろれつ(ア行などどの行とどの部位の関連)、視野見え方などの状況から、最終的に小脳梗塞にたどりつきました。
それからCTは出血 MRIは梗塞(血管)に強いとかもいわれてました。全然知りませんでした。私の場合、脳のCTは異常なかったので出血はないということだったのでしょうか?梗塞もでしょうか?。異常ありませんと言うより「今のところ出血、梗塞はありません」のほうがうなずけるのですが。MRIは首だけしか撮ってませんので脳の梗塞はわからないのでしょうか。小さな血栓が引っかかりながら通過しているのかもしれません?。私の場合は今思うにその後の検査を含め、めまいの質と持続時間が決定打だったと思われます。昨日の話では三半規管、前庭神経、脳と持続時間が長くなるようでした。

街中にて(写真は4月20日のもので本文とは一切関係ありません)
R0010633.jpg

R0010749.jpg

R0010820.jpg

R30010821.jpg

R0010850.jpg

限定

さよなら500系のぞみ
~時速300kmの感動をありがとう~  と箱に。
R30010989a.jpg
引用
JR西日本が、自社の路線である山陽新幹線のより一層の高速化を目指して開発する。1996年1月に1編成、1997年7月から1998年10月にかけて8編成の全9編成・144両が川崎重工業(1 - 6号車)・近畿車輛(7・8号車)・日立製作所(9・10・13 - 16号車)・日本車輌製造(11・12号車)の各社が製造する。新製時はすべて16両で組成され、編成記号は"W"。3次に分けて製造された(W1:第1次車、W2 - W6:第2次車、W7 - W9:第3次車)。
1997年3月22日のダイヤ改正で営業運転を開始し、山陽新幹線区間(姫路駅以西)での営業最高速度は300km/hを実現する。当初新大阪駅 - 博多駅間の「のぞみ」に投入され、最短2時間17分となる。
高速化に伴う騒音、特にトンネル微気圧波対策のために鋭い前頭部形状を持つ。居住性が犠牲になった面もあり、他の車両と客用扉の配置や車両ごとの定員配分が異なる。また、軽量化と高強度化を両立すべくアルミニウム合金の銀ロウ付けによるハニカム構造を車体に採用するため、製造費が高価である。
そのため、最高300km/hの高速性能と居住性の両立を目指した後継車種として東海旅客鉄道(JR東海)・JR西日本の両社が共同開発したN700系が2007年に営業運転を開始し、同系の増備により所要数が充足されたことから、本系列は2010年2月28日に定期「のぞみ」運用から離脱する。これに伴い余剰となった全9編成のうち、5編成(W2 - W6編成)については2008年から2009年にかけて8両のV編成に短縮され、山陽新幹線の「こだま」に転用されている(8両短縮V編成を参照)。東海道新幹線内で「のぞみ」の停車しない駅(小田原駅・熱海駅など)にも非常時対応などのために、Wと表記された500系の停車位置目標が設置されている。

引用終わり  Wikipediaより

京都限定KitKat
R0010970.jpg
伊藤久右衛門<--クリックで飛びます。
抹茶系には結構はまるのですがこれは食べてません。食べた家族によると「ホワイトチョコベースのようで抹茶の風味すくなく結構甘い」とのこと抹茶コロンの方がよかったようです。

関西限定 きのこの山
R0010976.jpg
明治製菓大阪工場で作られたと思っていますがそこは 摂津富田駅より15分 小学校の時に工場見学をしたような気がしていますが・・・・はて。

摂津富田駅
R0010837.jpg

話は一転しまして、摂津富田から京都に向かう電車の中で天草大王の話が聞こえてきました。なにか不思議な気がしたしだいで、話の主の若者は西大路駅で降りましたがチョイト話してもいいかなと思いました。「なんで天草大王やねん、名古屋コーチンではアカンのかいな? そもそもなんで電車のなかでニワトリの話やねん、かってやゆうたらかってやけど、ちったニワトリにもきい使え」みたいなどうでもいい話を・・・・。

京都2

雨の京都縦ばっかりですが・・・・。

R0010666-s.jpg

R0010673-s.jpg

R0010692-s.jpg

R0010695-s.jpg

R0010704-s.jpg

R0010708-s.jpg

R0010709-s.jpg

R0010710-s.jpg

R0010715-s.jpg

R0010741-s.jpg

R0010744-s.jpg

R0010756-s.jpg

R0010769-s.jpg

R0010784-s.jpg

R0010816-s.jpg

R0010851-s.jpg

R0010869-s.jpg

最後までお付き合いのほど感謝申し上げます。

京都

用事があり大阪に、昨年の師走と同じく雨です。時間調整で京都に、桜は八重が残っているものの雨、さすがに人出も少なく散策にはこれはこれでまたいいのですが、体調が万全ではなく予定を早め帰名しました。

南禅寺
R30010683-s.jpg

R30010690-s.jpg

丸山公園しだれ桜の咲いたその後
R30010725-s.jpg

建仁寺
R30010780-s.jpg
栄西禅師の誕生を祝する法要とかがあり法堂(はっとう)だけしか入管できず、風陣雷神図、○△□乃庭は見ることができませんでした。

2010年4月19日

床屋さんに行ったのですが出遅れたためすでに5名の待ちが生じていまして、どうするか迷いましたが結局6番目の客として待ちました。眠ろうとしても眠れず聞こえてくる話が、一番左で散髪中のお客さんは鹿児島出身のようで、その理容師さんは、寮の管理人さんと自分の父親が九州出身だとかで九州ブームでした。私の番になって、たまたまその理容師さんでしたが、あえて「一昨日熊本から散髪に来ました」とは言いませんでした。そんなことをしたらその床屋さんでは4月19日を「九州の日」とか名乗られる気がしたからと言うのは事実ではありません。その後もお客さんは来続けていまして、平日にもかかわらず結構繁盛している様子でした。

先ほどベランダから
R0010627-s.jpg

午後2時からの NHK TV 元気列島を見ていた家人が熊本というTVの声に「チョット、チョットここどこ?」と、なんと遠山桜ではありませんか! ここたいここたいと4月15日のBLOGを見せ「天空に咲く孤高の遠山桜たい」と言ったら大袈裟なと言われてしまいました。そして住人15名と書いていたのですが13名らしいので修正しました。

こちらにいれば九州の、九州にいればこちらの話題が気になるものですね。

菜園訪問

従来ありましたホルモン会の名を改め、ASM (Agriculture Strategy Meeting) in CHITAが開催されました。場所はMさんとAさんの畑(現場二箇所)に訪問し行われ活発な議論が多岐にわたり(数々の工夫提案、最新戦略兵器の導入、新品種導入、EMぼかし、油粕事件、農地拡大など)なされきわめて健康的で有意義なものとなりました。
少なくともこちらでは、耕作地を手に入れるのも待ちがでるほどで、単なるブームで語るより、人生そのものに影響を与える状況であるといってもけっして過言ではないでしょう。定年後のライフスタイルとして組み込まれ定着し、大袈裟にいえば生き甲斐ともいえるものにまで昇華(物事がさらに高次の状態へ一段と高められること)されているのではないでしょうか。

ASM
R0010621-s.jpg
Aさんは土壌PH計も導入されていました。落花生、未来コーン、イチゴ(紅ほっぺはじめ4種)、スイカ、トマト、ミニトマト、きゅうり、人参、たまねぎ、にんにく、しょうが、ねぎ、なす、白菜、キャベツ、レタス、大根、アスパラ、豆類(ソラマメ、スナックえんどう、きぬさや、エダマメ・・・・)さつまいも、ジャガイモ(メークイン、男爵、他3種)、山芋、などなど多品目多品種つくられるのでPH計も必要かもしれません。

こだわりの栽培
R0010622-s.jpg
「ひょっとしたら学校の先生で生物担当の方では?」と聞いたら、九州出身の方で新日鉄系の企業で機械設計をされていた方だそうです。なかなか草を生かした栽培にこだわっておられます。

工夫提案
R0010624-s.jpg
栽培品目の株幅、畝幅つき定規兼畝ならし他多機能冶具とのこと、とりあえず20品目ほど記載されていました。

一番上の写真の左奥のハウス状の物、ほねは材木廃材の利用のようで高さは低くトマトが植えてありました。中に這って入って作業をしておられ、当然プロの方から見れば問題点、指摘事項は多々あるのでしょうが、まさに男の城のような雰囲気をかもし出していました。

農作業の後行かれる魚屋食堂にて
R0010616-s.jpg
お値打ち価格でした。

列車で

先だって某定年祝賀会において、飛行機に乗るのが好きだというとんでもない話を聞きました。私は飛行機は好きですが乗るのは大嫌いで、どうもその場面では客観的に女性の方は前者で男性は後者という分類がなされました(私は体調不良で一切アルコールは飲んでいなかったことを付記しておきます)。私はいつの頃からか、できるだけ、なるべくなら、やむおえない場合を除き避けたいという明確な立場をとり続けているのですが、何かに書いてあったのかも忘れましたが、想像してください目の前に100tの鉄の塊があり、それが何千mの上空を何百Kmも飛んでいくことがあるのか?と、むしろ飛ぶことが異常で、いつ100tの鉄の塊の気が変わって正常になるかわからない、そんなものすごく当たり前のことを絶えず思うのです。かの人達はそんな当たり前のことに理解を示さないのです。
ある本の引用を
科学的認識の標識{メルクマール}は、なんといっても、その成果が、真理として「客観的」に妥当とするところのうちに、見いだされなければならないからである。われわれはまず、この問題にたいするわれわれの立場を表明し、そのあとさらに、文化生活一般にかんする科学の領域に、いかなる意味でそうした「客観的に妥当な真理」があるのか、という問題につき、その立場を敷行して論じてみたい。この問題は、われわれの科学にとって一見もっとも根本的な問題、すなわち研究の方法、概念構成の仕方、およびそうした概念の妥当性が、激しい論争の的となり、見解の動揺と変遷がたえない、という現状に照らして、避けて通ることのできないものである。ただし、われわれはここで、問題の解決を提供しようとするものでなく、むしろ問題{そのもの}を明確に提示しておきたい。
なんて 缶ビール一本の酔いの車中にて

少し贅沢にグリーン車
R30010547-s.jpg

まだ桜が
R30010590-s.jpg

すでに田植えの準備が
R30010601-s.jpg

途中 山の雪、桜、田植えの準備とここはどこだという風景も・・・・できるなら列車がいいのです。

愛知へ

玉名駅にて
R30010534-s.jpg
  眠たい目をこすって一番列車をまつ。
  それも旅の楽しみだ。

  列車の旅には、出会いがある。そこにレールがあるから、僕はいく。
 列車で行こうどこまでも。

私感じますにチョイトいけてないです。下二行。

野の葡萄(健康弁当)
R30010561-s.jpg
駅の改修も進み弁当販売所「野の葡萄」がオープンしていました。名産・名物を詰め込んだのではなく九枡の普通の弁当です。
原材料名
肉じゃが、鶏そぼろご飯、雑穀ご飯、白ご飯、筑前煮、サーモントマトマリネ、丸十ワイン煮、鶏唐揚げ、五豆黒蜜煮、野菜団子、卵焼き、塩鯖、パプリカ、人参、錦糸卵、黒ごま、発酵調味料、pH調整剤、酸味料、香料、アナトー色素、カロチノイド色素、増粘剤(キサンタンガム)、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア) 原材料の一部に小麦、卵を含む。
味濃い目でした。

ザビエル
R30010609-s.jpg
娘のリクエストのお菓子「ザビエル」とにかく箱がりっぱです。そして思わぬ展開が、長崎長崎と思っていたら大分のお菓子でした。

道中記はいずれ

K 先生今日はどうも有難うございました。

国道219号

一勝地駅
IMG80228.jpg
1914年(大正3年)の駅舎で平成9年に改築、球磨村観光案内所となり駅の諸業務は球磨村に委託されているとありました。「足を地につけ努力し、まず一勝を!」と入場券の人気があるのです。

九州横断特急
IMG80227.jpg
お土産にその入場券を求めに寄りましたが、しばらく待つと九州横断特急が・・・・土・日はSL人吉が走ります。国道219号沿いは撮影場所がたくさんあるようです。

荒瀬ダム
IMG80249.jpg
日本初の撤去されるダムです。紆余曲折がありましたが4月11日ゲートが前面開放されました。毎年検査のためか2月3月にゲートが開けられ、その振動がいかんともしがたいとなにかに載っていましたが、上海万博前の地震から北京オリンピック前の地震を思い出しました。ダムと地震の因果関係が話題になったようにも思いますが、水の流れで振動するなら、ひょっとしたら水の重みで地盤の歪みが拡大するのも考えられそうですね。
跡形もなくなるのでしょうが一応遺産です。

遅い昼食
IMG80252.jpg

一本桜

天空に咲く遠山桜
IMG80152.jpg

IMG80129.jpg

IMG80191.jpg

IMG80189.jpg

あさぎり町松尾地区(13名とか)の遠山さんの遠山桜を見に行ってきました。満開もすぎあいにくの天気でしたが、かえって静かにたたずむ姿はまさに天空に咲く孤高の一本桜で感動いたしました。
今年は一心行よりTVに出ていたような気がします。友人の F氏が一心行に行ったら駐車料金でなく入場料となっていたと愕然としていました。しかたがないことかもしれませんが有名になりすぎ、ここ数年テーマパークのような雰囲気になってしまったのは興ざめではあります。まさに勝手ではありますが、庭は別にしても桜も紅葉もそこそこ秘境であってほしいのです。

機械遺産

筑後川昇開橋、佐賀に行く時は通っていたはずですが記憶にありません。鉄道は数回でほとんど車での行き来だったからかもしれませんが、機能している時は当然と思い、あまり気がつかないこともあるかもしれません。列車は普通に走ってたでしょうから・・・・。

現在修復中です
IMG79824a.jpg

筑後川昇開橋
DSCN74067.jpg

DSCN74096.jpg
引用
筑後川昇開橋は、国鉄佐賀線の鉄道橋梁として建設され、1935年(昭和10年)竣工、同年5月25日に開業した。舟運との共存のため、橋の一部が可動式となっている可動橋には旋回橋、跳開橋(跳ね橋)、昇開橋などがあるが、本橋は橋桁の一部が垂直方向に上下する昇開橋として日本に現存する最古のものである。橋の全長は507.2メートル、可動部分の長さは24.2メートル、昇降差は23メートルである。本橋の設計施行に中心的役割を果たしたのは、鉄道技師の釘宮磐(鉄道省熊本建設事務所長)であった。昇開橋の仕組みそのものは、坂本種芳[1]が考えた。竣工当時は「東洋一の可動式鉄橋」と呼ばれた。また、この筑後川昇開橋の構造を解説するために精巧な模型が交通博物館(閉館)及び鉄道博物館(埼玉県さいたま市)で展示されている。ちなみに、昇開橋の精巧模型は1937年にフランス・パリで行われたパリ万博に出展されたものである。
建設するにあたっては、位置的に筑後川の河口付近で、有明海の潮の干満の影響も直に受ける地理的条件があり、しかも、付近には港もあり、建設当時は船が主要交通機関であったため、大型船の往来も激しかった。通常の橋だと干満の影響で船が通れなくなってしまう可能性があったため、中央部の橋が稼動して船が通れる構造になった。
しかし、国鉄の民営化を前に1987年3月27日限りで佐賀線は廃線となり、同橋梁も閉鎖され、筑後川を管理する当時の建設省からも撤去勧告がなされ、解体も検討されたが、地元では橋存続の要望が強く、1996年(平成8年)に遊歩道として復活し、現在では大川市と諸富町のシンボル的存在である。また、橋の両端には公園が整備されていて、現役当時の橋の姿のモニュメントや佐賀線に使われていた3灯式信号機や警報機などが保存されている。
2003年(平成15年)に、国の重要文化財に指定され、2007年(平成19年)に日本機械学会より機械遺産(23番)に認定された。2009年7月30日から2010年12月10日まで橋脚の修復や塗装の塗り替え、遊歩道に防水加工を施す保存修理工事が行われている。調査費を含めた総事業費は約3億円。

引用終わり Wikipediaより

大分むぎ焼酎 二階堂 「遠い憧れ」<--クリックで飛びます。

最近焼酎ネタ満載です。

近代化遺産

廃墟ではなく廃棄された近代化遺産です。

三池式快速石炭船積機3号機(通称 ダンクロ・ローダー)
L1000404.jpg
1908年、團琢磨が米国の炭鉱の選炭機にヒントを得て、三池炭鉱の技術主任・黒田恒馬と共同で設計。1909年に1・2号機が完成しました。岸壁沿いを移動できる巨大な船積機械で、積込能力は1時間300トン(設置当時は400トン)です。三池港の東側に専用鉄道で運ばれてきた石炭は、バケットに落とされてそのままダンクロ・ローダーで船積みされました。開港当時は1号機と2号機の2つがありましたが現在は撤去されており、これは1911(明治44)年製の3号機です。しかし、この年2004(平成16年)年11月に残念ながら取り壊され、今はその勇姿を見ることはできなくなりました。

この頃、近代化遺産特に身近な炭鉱関連に興味があり三池港閘門を見に行き、たまたま「ありゃなんじゃ」と写したしだいですが左すみに人がいます。

廃墟

夕食時にクローズアップ現代で「大人気“廃虚”の旅」があり見てしまいました。

引用
打ち捨てられた炭鉱跡、巨大な製鉄所、役目を終えた水力発電所など、いわゆる「廃虚」が今、新たな観光地として、若者を中心にブームとなっている。中でも、去年4月に一般公開された長崎市にある端島(はしま)・通称「軍艦島」は、1年間に7万人が訪れ、15億円の経済効果が上がっている。しかし一方、歴史がさほど古くないものは文化財としての評価が難しく、保存は容易ではない。朽ち果て安全性に問題を抱えるものも多い。欧米では、「近い歴史を学ぶことは未来を生きるヒントを得ることだ」と考えられており、「廃虚」を公害など負の遺産も含めて残し、教育や地域の活性化に利用している。番組では、今、脚光をあびる「廃虚」が語りかけるメッセージと、その利用の課題を探る。
引用終わり

おっさんではなく若者を中心にというのがいいですねえ、骨董、古民家となどによる生活場面の想像以上に、廃墟は社会背景(時代)の想像までも広がります。お化け屋敷はべつに、近代化産業遺産、近代化遺産ともいわれます。

豊後森機関庫(2008.06.01)
IMG20255.jpg

IMG20256.jpg

IMG20271.jpg

過去のものを時々貼ってまいります。↑「近い歴史を学ぶことは未来を生きるヒントを得ることだ」なんてね。

麦焼酎二階堂のCMにも時々・・・・鹿本鉄道の菊池川橋梁(水辺プラザの公園に保存)も登場したはずです。
大分の焼酎のCMは、先だってのiichiko(BLOG 4.9)といい二階堂といい、あまり飲めないのですが色々想いをはせながら焼酎を飲みたくなる出来です。ただBERNINAの最後の模型の列車は私としてはチョット?ですが。

山鹿温泉祭二日目

予報ははずれ雨が降らずに助かりました。

IMG80025.jpg

IMG80052.jpg

IMG80089.jpg

昔からあった気がしますが、いつ頃からなのかいったい何の祭りなのかわかりませんので
引用
平安時代から温泉郷として名を知られ、1000年以上の歴史を誇る山鹿温泉。その恵みに感謝して行われる祭。湯壽の舞が披露され、古式ゆかしい御幸式行列が町中を練り歩く。また、工芸展、綱引き大会、市民総踊り、演芸ステージ、うまいもの市、山鹿温泉100円チャリティー入浴など多くの催しで賑わう。引用終わり
当然かもしれませんが温泉祭の起源は神事のようですねえ、祭りの歴史は今のところわかりませんが、灯篭祭りとはどうなんでしょうか?

山鹿温泉祭

幸い天気はもちましたが、日差しが強くなってからクラクラ・フラフラしました。慣らしが足らないようです。

IMG79970.jpg

IMG79979.jpg

IMG80006.jpg
予報では明日は雨とか、ボチボチいきましょう。

あやふや

先ほど病院からワクワクしながら戻ってきました。といいますのも病院に貼ってあった「はたちの献血」ポスターの石川遼選手は「あしたのジョー」だと思い、新発見ではないかと期待していたからです。

実にあやふや、しかしどこか
x2joishikawa.jpg

キルケゴールの「実存主義」近代的な倫理の本質「めまいと深淵について」不安はめまいに似ている。竹田青嗣
善悪の絶対の根拠をもてない近代人は、自分だけで自分の「ほんとう」を決めるべき場面にしばしば直面する。それが近代的な倫理の本質である。だから人は、ときに、自分だけの決断で深淵をのぞきこもうとして、くらくらするのだ。

あながちめまいの原因がプファー。

この間

この間 Yさんの退職祝いBBQが行われました。あいにくの体調で普段の約半分のアルコール(C2H6O)摂取でしたが、話はアルコール(C2H6O)関連の話で「また君に恋してる」となりました。Yさんは「やっぱビリーバンバンがよかばい」と、CMは外国のより侍の方が・・・・。てな話で盛り上がったしだいです。

日田蒸留所 (iichiko)
R00011101a.jpg
iichiko<--クリックで飛びます。
聴く状況、状態、局面、場面、場合では 坂本冬美も捨てがたいと私思いますのですが・・・・。
そんなわけで こちらも<--クリックで飛びます。

この間は日田クンチョウの「笑う門には」「福来る」麦・芋二本セットを入手してきましたが、体調好調になって安心院のワイナリーと日田蒸留所に出向きたいと思います。そういえば4月16日より別府でアルゲリッチ音楽祭ですね。

今日は定例の医者行きです 数値があぁぁ~!。

久々に2

たまたま厳木駅(きゅうらぎえき)にて休憩です。

IMG79910.jpg

IMG79913.jpg

IMG79911.jpg

IMG79936a.jpg

帰宅後調べてみますと
佐賀県唐津市厳木町大字厳木にある九州旅客鉄道(JR九州)唐津線の駅。
相対式2面2線のホームを持つ地上駅。駅舎は1930年建築の古い木造駅舎。 跨線橋がある。
ホームの傍らには明治32年(1899年)に作られた煉瓦造りの給水塔がほぼ完全な形で残っている。
1997年公開された竹中直人監督・主演の映画「東京日和」のロケが当駅で行われている。

久々に

報告書の作成でしばらくの間PCの前に座り続けざるを得なかったのと、目がまわる症候群で長時間外にでることはしてませんでしたが、ひとまずレポートはひとだんらくし、JPに行く必要があり出かけました。

その時、NHKのラジオを聴いていると明日(9日)ラジオビタミンのときめきカルチャーは「安岡定子の“親子で論語”」だとかで、いわゆる「子曰く・・・・」ですね。

10日、11日と温泉祭で営業もあり体の慣らしでもするかと・・・・。

多久聖廟(たくせいびょう)
IMG79841.jpg

IMG79851.jpg

引用ーー>
聖廟(せいびょう)とは、孔子(こうし)様を祀った堂のことである。
孔子(こうし)様は中国・春秋時代(西暦紀元前771~同403頃)の思想家であり、儒教思想(儒学)の祖とされる。実に約2500年も前にご生誕なされた御方である。
国内に現存する孔子廟では足利学校(栃木県)、閑谷学校(岡山県)についで古く、なかでも最も壮麗と言われるのがここ佐賀県多久市にある「多久聖廟」である。
国指定史跡
   (大正10年3月指定)
国指定重要文化財
   (昭和25年8月指定) 
<--引用終わり

「子曰く、
   吾十有五にして学に志す。
   三十にして絶つ。
   四十にして惑わず。
   五十にして天命を知る。
   六十にして耳順(したが)う。
   七十にして心の欲する所に従いて矩(のり)をこ踰(こ)えず。」               

気分転換

2010年4月7日午前2時57分頃気分転換です。

引用
我が国の農地・農業用水等の資源の適切な保全管理が、高齢化や混住化等により困難になってきていること、ゆとりや安らぎといった国民の価値観の変化への対応が必要なこと、我が国農業生産全体の在り方を環境保全を重視したものに転換していくことが求められていることから、地域ぐるみでの効果の高い共同活動と、農業者ぐるみでの先進的な営農活動を支援する「農地・水・環境保全向上対策」を平成19年度から実施しています。
引用終わり

どうもわからん「ゆとりや安らぎといった国民の価値観の変化への対応が必要なこと」なんだこりゃ?
どうもわからん「環境保全を重視したものに転換していくことが求められていることから」だれがあ?
どうもわからん「農業者ぐるみでの先進的な営農活動を支援する」営農活動の主体は農業者でないの?

わからんことだらけで報告書をまとめようとしてもこりゃわからんは(迷った時にもどるのはコンセプトとか理念とか信条とか主旨とかと思うのですが)、地域ぐるみのぐるみのだれが理解できているのだろうか?ぐるみだったらぐるみすべてが理解できるものでないとまずいと思うのですが・・・・。そして納得、賛同へと。

目が激しく周ってた頃の気分転換
R30010519.jpg

気分転換になったので寝るとします。
プロフィール

今昔田舎亭

Author:今昔田舎亭

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ