下関市1

長府
IMG77503-s.jpg

毛利邸
IMG77510-s.jpg

IMG77516-s.jpg

IMG77515-s.jpg

IMG77519-s.jpg

IMG77514-s.jpg
スポンサーサイト

なんとか中間報告

数日間ほとんど資料作りでバタバタでした、29日中間報告でしたがケチョンケチョンでした。各フェーズと個別機能の関連と実績写真の整合がきちんと取れてないというか、認識不足というか、年度末に向け精度アップです。
資料作成で腰が痛くなり一昨日座椅子を入手いたしました。早く気が付けばよかったのですがまだまだ続きますのでしかたありません。

気分転換にページを触ってましてサーバーが一杯でのようで、CDの音系のファイルを圧縮したり整理を若干、構造もなんもかんも忘却しております。たまには触ってないといけません。

表だしした 船津さんのページに演奏(YouTube) のリンクをはりました。ページの音は消しました。



1月24日海峡の朝
IMG77481-s.jpg

北九州市6

今回で北九州編(23日)は最後です。
23日のディナーは翌日(唐戸市場)の予定があるということで、I さんの気使いでイタリアンがセットされていました。そこは「陽のあたる場所」という見晴らしのよいところでした。

IMG77338-s.jpg

IMG77372-s.jpg

店内から下関方面を望む
IMG77339-s.jpg

店内から関門橋、右端に門司港HOTELを望む
IMG77355-s.jpg
途中からお誕生日か何かの記念で、なかなか雰囲気のいい若いカップルがおみえになり、なぜか思わず声を掛けお祝いをしてしまいました。外にでて海風が冷たくやたらと寒かったのですが、心の中はなんだかホンワカとした暖かい気分で満たされており、非日常、旅のなせる業なのでしょうか。

PS: 時系列的には ↓ の看板屋さんはこの後になります。

北九州市5

看板

IMG77296-s.jpg
IMG77293-s.jpg

IMG77290-s.jpg
R0012351a-s.jpg
↑は流派は分りませんが居住地域の保存会活動の様子です。今回残念ながら本家の活動は見ることはできませんでした。

偶然に入った看板屋さん?の飲み屋さん?でも学校給食もメニューに・・・・BAR & CAFF 「ノスタルヂア」です。
IMG77444-s.jpg

IMG77455-s.jpg

IMG77459-s.jpg

IMG77458-s.jpg

IMG77462-s.jpg

IMG77452-s.jpg
マスターは私達よりお若い方のようでしたが、中身はほとんど私達世代にとってはリアルタイムの世界でした。
「JOBK ラヂオ加入申込取次・・・・」の看板について、T先生が「JOBK B じゃけん大阪んとばい 」ととても熱く語られました。その上にあった仁丹マークのついた町名をあらわす看板はたしか伏見市とあったような、この手の看板は案外京都あたりには近頃まで現存していたのかもしれません。ちなみにJOCKが名古屋でJOGKが熊本だそうです。(いずれもNHKラジ(ヂ)オ第一のはずです)
↑ TV では「お笑い三人組」をやっていました。当時はお笑い三人組の次が事件記者だったような気もうっすらと、ぜひ事件記者も見せてほしいとかってに思ってしまいました。・・・・と懐かしさ一杯で話が盛り上がるいいところでございました。
私達世代にはレトロな生活感の実感のある回帰モデルですが、後半若いお客さんが多かったのです。多様性の中の一つのニューウェーブ 新しいのだ! はて?

IMG77467-s.jpg

北九州市4

門司港レトロ、有名な旧建物を残し開発された地域は生活感のないテーマパークの垢抜け感が、心の探究心と引き換えに物理的な探究心に偏りそうになります。しかし・・・・

門司港レトロ生活感編
IMG77304-s.jpg

IMG77306-s.jpg

IMG77308-s.jpg

IMG77309-s.jpg

IMG77310-s.jpg

大衆向 平民食堂
私に うどんを 与えて くれた 神様に 感謝 します 立花流麺打ち研究会
この、いったいなにごとだ~ぁ感が不思議でたまりませんね。ただ、すでに一部過去は生活を演じざるをえない映画のセット的でもあります。

本来まず水周りに貼られることの多かったはずのモザイクタイルを外装に、なんとオシャレなことだったのでしょう平民食堂。

北九州市3

メインターゲットの門司港レトロ、門司港HOTELへ

IMG77322-s.jpg

IMG77313-s.jpg

IMG77316-s.jpg

IMG77439-s.jpg

IMG77410-s.jpg

IMG77425-s.jpg

IMG77283.jpg

IMG77288-s.jpg


IMG77417.jpg
門司港HOTELは昔はやった?デザイナーズホテルでした。(アルド・ロッシ、浅葉克己、内田繁)

  日常と非日常の境界を越え、
  癒しと安らぎの海峡を渡る。


  それは、海峡の町に、
  感性を乗せて
  たどりついた船。

  のぼる階段。昴ぶる想い。
  そこは、もう一人の自分に出会う十字路。


  この海を、光を、夢を、
  ひとり占めして
  眠りたい。

  開かれた厨房と、極められた味。

爺には目新い雰囲気でした。ロビーのトイレはデザイン優先で癒しと安らぎより、非日常にちょっと手が届きそうでした。ロビーの朝刊は5時代にはまだありません同室の I氏 はコンビニに新聞調達に、すでに堤防には釣り人が、海峡の朝は爺向きでしたが、デザイナーズホテルの朝は海峡の朝に比べて遅い?。

北九州市2

小倉城、小倉城庭園(小笠原会館)、松本清張記念館などを・・・・

小倉城天守閣より大昔の居住地方面を
kokurachizu01-s.jpg

IMG77231-s.jpg
ガスタンク、小倉高校の位置関係からここらあたりではなかったかと思われます。

小倉城庭園(小笠原会館)
IMG77264-s.jpg

小笠原流礼法?の巻
IMG77262-s.jpg
かつて、礼法とかいうものは好きではありませんでしたが、この年になると決まるとかっこ良いなあと思うようにはなりました。

一汁一菜かな?
IMG77268-s.jpg
礼法は「思いやりの心」と「もてなしの心」を大切にする日本伝統文化のひとつです。小倉城庭園は・・・・礼法を中心にした伝統的な生活文化を後世に伝えていくための日本で唯一のユニークな施設です。とありますが・・・・本膳料理(一日一客のおもてなし)お人様1万円(サービス料込)税・お飲み物は別料金・・・・どうしても背景のビジネスモデルが見えてヒネクレになってしまいます。
一汁一菜質素倹約を旨としたのでしょうが、現実はほとんど一汁か、一菜か、香の物と御飯だけで一汁一菜にならないもので病みつきになり病みます。一汁一菜がバランスよく健康でとても贅沢なことと思われます。
一汁一菜健康定食(200円)どうでしょう?しかも税込み。

松本清張記念館
IMG77623-s.jpg
推理劇場などあり時間をかけてゆっくりと訪れたい所です。そして個人的に気になったのが、二階の書斎、書庫の展示室にあった植木すいかの箱に入れられた資料でした。はて?トンカラリンは何に書かれたのだったろうか?。
地下のミュージアムショップで「ここだけで販売されている物は?」とお聞きしたところ「企画展図録です」と、そこで「火の路」誕生秘話の図録を入手しました。表紙は例の酒船石です。ハードカバー箱入りはこれだけで誕生秘話とともに読み直ししてみましょう。

北九州市1

行ってました。七年間ほど居住していたのですがさっぱりわかりません。分かるはずもありませんなにせ大昔ですから。しかしかすかに記憶のある地名がポチポチと。

小倉城、小倉城庭園(小笠原会館)、松本清張記念館などを・・・・
IMG77273.jpg

IMG77218.jpg

IMG77253.jpg

IMG77257.jpg

小倉では東京よりの N氏 と合流
IMG77241-tiltshift1.jpg
N氏 も摘出したようなのでなにかと話を聞きました。

外販

大野城市のジャ○コで販売でした。合併により広域○○という組織がなくなり?この形では今年が最後のようです。

R0010241.jpg

R0010255.jpg

R0010227.jpg

焼き梅と蒸し鶏の青じそ風味
R0010237.jpg
私としては結構イケましたが、おそらく塩分が多いと思います。といいますのも食べてる時は梅のすっぱさと青じその爽やかさでそう思えなかったのですが、後で喉がやたら渇いたのです。
それから、なんせ覚えにくいので「梅と鶏のしそ風味」でも食べた後ではいいのではないかと思ったのです。しかし、私がこれを選択した理由が焼き蒸しじそのアンダーラインの部分が気になったからのような気がします。初めての店で時間がない時はネーミングは大きな要素かもしれません。
普通は早いのは何とか、一番の売れ筋は何とか、美味しいのは何とか、お勧めは何とか、お値打ちは何とか、自信作は何とか、ヘルシーなのは何とか、あの人が美味そうに食べているのは何とか、などなど聞いたりするかと思うのですが時間がないので・・・・。

紫山芋

アントシアニン含有・粘り強力、ただいま拡販中紫山芋です。

そんなわけでどうぞ
IMG77197-s.jpg

KINKAN 2nd. CATCH THE RAINBOW
x1bcdef12300.jpg

やっとこさUPいたしました。
今昔田舎亭  ←クリックで飛びますが、そこのKINKAN 1,2 からどうぞ・・・・wmaでコーディクしましたので窓PCで聴けると思います。
「悠久の風」バイト先テーマ曲にいいのでは!

強い雨が降っています。TUGARUもMP3にしましてTOPに引越しました。

少し気になって

有明海沿岸道路を北へ走り大牟田北インターチェンジあたりから左前方に櫓が見えてきまます。三池鉱(旧有明鉱)で、廃墟、近代化遺産マニアではありませんが少し気になって近寄って見ました。残念ながら二度ほど注意を受け突破はできませんでした。

IMG77030-s.jpg

igm77030a-s
火災事故や閉山のニュースは薄っすらと記憶にありますし、なんといっても日本の近代化を支えたのですから、機会があれば入って見たいものです。
ここの少し北(高田?)には競艇の学校がありますが、この時もボートの走る音が聞こえていました。

今年の初荷が届きました
IMG77121-s.jpg

IMG77114-s.jpg
人間の尊厳 行動を共にするというようなことを言われてましたが、とにかくいやはやまったく凄いでございます。

ただただ

ただただ食べ物スナップ
IMG77027-s.jpg

遅めの昼食でなんでも食べれそうだったのですが重かったのです。昔出来たのに今は出来ない事を発見した時のような、衝撃を受けたと言うには極めて大袈裟ではありますが、この種の食べ物を美味しく完食できる間隔が日に日に長くなり、年に一度とかになっていくのでしょう。おそらく。

終了

新年系の各イベントが終りました。今後年度末に向けての資料作成に注力せなばなりません。

近頃写真撮ってません
IMG77000-s.jpg

IMG77014-s.jpg

IMG75964-s.jpg

IMG75971-s.jpg

御正忌法要

初寄の資料作成の決着をつけたところで、お袋さんが「お寺にいかなんもんな」「はぁ~!」「なんじゃろか?」「御正忌法要」「はぁ~?」・・・・。
宗祖 親鸞聖人(1173年~1262年)の御正忌報恩講を勤修致します なる案内を見たしだいで・・・・
「オロナミンののうなったもんな」「はぁ~?飲みょったかいた?」「つくっとたい」「ほんならなんていよったか?あっじゃろ」「そぎゃんあったいあったい」「買わなんたい」・・・・。

お寺さんからドラッグストアへ・・・・「オロナイン」1個のつもりがカゴ二つの買い物になってしまいました。(またやってもた!)

日曜美術館 弟からDVDが2枚届きました。
meikyuubijyutu1-s.jpg

1枚はPCでアナログ録画したMPEGと、1枚はハードディスクレコーダーでデジタル録画をしDVDーVRで吐き出した物です。
まるっきりなんのことかわからないのですが、とりあえずどちらもPCで見ることができました。デジタル系は一回吐き出しのコピープロテクトがかかったものと思うのですが、御正忌法要はともかくDVD、デジタルとかは少しは知らんといかんですね。弟はDVDーVRにたどりつくまで試行錯誤があったようです。

お願い

今日は雪が積もっています。久々の更新をいたします。

Oさんどうもです、ここ二・三日は「あいたたたこらいかんばい」ということもなくなんとか平穏にいっております。なんさま、ねおっとる時に限って公式行事?のごたっとの重なりのさんですがこるばっかりはしょんなかです。こらのさんばいと言う時期を過ぎると根本対策はもうよかたい 喉元過ぎれば、課題先送りにきゃあなりそうでいかんとですが・・・・。一月一杯はなんやかやありまして二月には何とかしたいとおもよります(基地問題のごたる)。

お願い
Rd0010194.jpg
お願い・・・・しめ飾り、結納品、人形などは納められません。
そして、レジ袋にはしめ飾り風のものが多数・・・・。

お願い
Rd0010196.jpg
なんでもお願いされます。いや祈祷サポートですね。

Rd0010200.jpg
お願いを無視した人は何を祈祷したのでしょうか? どこまでも神仏は寛大ですが祈るほうのまずしさばかりが・・・・気になります。

久しぶりに

今年初めてバイト先Tさんと会い、AURAやELACの話他で盛り上がり業後「喫茶店でもいきますか?」ということになりました。だいたい喫茶店なるものがあるのかどうか心当たりもなく、思い出したのが某画像掲示板に掲載されていた家から15分ほどのところにあるはずのcafeでした。

cafe Fleur
IMG76978.jpg

IMG76991.jpg
はじめまして。(自作パンフレット)には
   自分の時間の大切さ 静かな気持ち・・・ 特別な場所で cafeはいかが?    とありました。

おじさん達としては入りにくいのですが入ってしまえば落ち着く空間でした。おじさん一人では分厚い本でも持って入れば大丈夫でしょう。

炊飯器

八十八の祝い、いわゆる米寿につき20数年前の炊飯器の買い替えになりました。

鳥取三洋おどり炊き
RD0010170.jpg
最適なセッティングがまだわからず性能を出し切っていません。

国造神社

二日間ほどそう寒くはありませんでしたので今日の寒さはこたえます。

国造神社(こくぞうじんじゃ)
IMG76790.jpg

引用ーー>国造神社は阿蘇神社の北約3Kmの外輪山の麓にあり北宮とも呼ばれます。延長五年(927)に完成した延喜式神名帳には阿蘇国造神社(くにつくりじんじゃ)と書かれています。御主神の国造 速瓶玉命(くにのみやつこはやみかたまのみこと)は肥後一ノ宮 阿蘇神社の主神 健磐龍命(たていわたつのみこと=神武天皇の孫)の第一の御子神です。このお方は阿蘇国造大神と称されており、阿蘇の開拓に水利と国土開発の大業をなされ、庶民に農耕を教え畜産に植林にと庶民に人徳を施されたそうです。<--引用終り
普段何度となく行きまして参拝の方に会うことはほとんどありませんでしたが、正月は阿蘇神社から来られる方が結構おられました。
阿蘇神社<--クリックで飛びます。 火振り神事とおんだ祭りの動画が見れます。火振り神事は数年前にトライし雪で断念しましたが、どちらも是非行って見たい祭事です。

こちらからしっかり見ることはありませんでしたが
IMG76743.jpg
異国は知りませんが異国的生活の雰囲気?

初詣2

明日、家人、娘、孫が過密スケージュルをこなし帰名するので全員で初詣に行きました。

IMG76871.jpg

IMG76888.jpg

IMG76863.jpg

IMG76860.jpg

IMG76891.jpg
御朱印、気にすれば気になるのですが四日の日の字がありませんが書き忘れでしょうか?

初詣

昼をはるかに過ぎてから今年初めての初詣に遅ればせながらでかけました。お袋さんが長い距離を歩けないので、なるべく拝殿の近くに駐車場のある近場のお宮に行ったのですが満車で、それならと一宮の阿蘇神社まで足を伸ばしたしだいです。

阿蘇神社
IMG76752.jpg

IMG76757.jpg

IMG76765.jpg

IMG76773.jpg

私だけかもわかりませんが、三日となると何か不明ですがどうも神聖な雰囲気が希薄になっている気がするのです。
そこで電子手帳(Papyrus)俳句歳時記 初詣の解説を覗いてみると
元日に、氏神またはその年の恵方(えほう)に当たる方角の神社仏閣にお参りすること。年頭、身も心もすがすがしい思いで森厳な社殿にぬかずくのは、信仰の有無にかかわらず快い。しかい、近年は各地の有名神社に参拝するのが人気。押すな押すなの人出で、神前に到達してお賽銭(さいせん)を上げるのが精一杯である。
とあり・・・・元日でない、社殿にぬかずいていない、押すな押すなの人出で賽銭を上げるのが精一杯と神聖ならざる条件のキーワードがならんでいて、それらが重なりやはりと思ったしだいです。

買い物

物欲押し留め政策を実行しなければならないにもかかわらず、はやばやと発注してしまいました。

Africa
img0099SS500_.jpg

2008年の PLAYBOY 6月号 世界を変えた50枚の写真 「油田 クェート」はナンジャコリャスゲェ~でした
そして11月NHK日曜美術館で見ましてまったくスゲェ~と (1月10日アンコール放送があるようです)
日曜美術館←クリックで飛びます。

まよってまよって今朝ポチッとしてしまいました。

年始

年始(初より)でした。
昔々は村の神社にお参りした後、新年の挨拶は各家々を回りながら行われていました(村内回礼)。しかしまだ寝ているとか?なにかと不都合もあり、また別途村内役割分担などの話し合いがあり、村内回礼と話し合いが統合されていったようです。(そるはそったい、こるはこったいから、そっとこるはおなし時すったい・・・・に)

本村(小組)初より
IMG76668-s.jpg
今朝方は冷え込み一番でレンズが曇りました。

午後から祝米寿会食を
IMG76698-s.jpg
一応身内内報告です。

謹賀新年

新年 明けましておめでとうございます。

   旧年中は大変お世話になりました。

   本年もどうぞよろしくお願いいたします。
  
                        平成二十二年 元旦
                                    今昔田舎亭

IMG76663-s.jpg
プロフィール

今昔田舎亭

Author:今昔田舎亭

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ