今昔田舎亭BLOG

Archive2009年10月01日 1/1

いよいよカニカマ

先だっての「さんまのカンズメ」比較ですが・・・ただし主観的相対比較をやると食べきれないので、主観的絶対比較(食事のつど一缶づつ)でありまして・・・結果的にどれも美味いのでした。ここで言える事は、美味しさに対する最も寄与率の高い因子としての仮説検定の意味合いで、腹の因子設定(減っている、そうでもない、満腹)での追試が必要と思われましたが、やる意味がまったく分らなくなってきていまして、歯の治療に専念す...

  •  0
  •  0