今昔田舎亭BLOG

Archive2009年01月20日 1/1

神仏習合

スーパー大辞林日本古来の神と外来宗教である仏教とを結びつけた信仰のこと。すでに奈良時代から寺院に神がまつられたり、神社に神宮寺がたてられたりした。平安時代からは本格的な本地垂迹説が流行し、両部神道などが成立した。神仏習合八世紀奈良の大仏建立時に、宇佐八幡神が招聘され大仏鋳造に協力したようです。四山神社虚空蔵菩薩降臨の地・・・・九州国立博物館の百済観音(法隆寺の百済観音の複製)国宝百済観音像は、飛鳥時代...

  •  0
  •  0