平戸建築考

1898年建立。イギリス積のレンガ造りの外壁や尖塔アーチ式円盤型窓、コウモリ天井など、建築学上多くの特徴を持つ聖堂です。とあります。

カトリック宝亀教会
IMGP2769-s.jpg
朝一番に訪れましたが、掃除中で中に入るのがはばかられました。

山野教会
IMGP2796-s.jpg
地図に載っていた比較的新しい教会で像の古さだけが歴史を感じさせました。

生月大橋(生月島側より)
IMGP2683-s.jpg
平戸島と生月島を繋ぐ大橋、1991年に開通。全長960m、幅員6.5m、海面上31m、主要梁部800mの3径間連続トラス橋。中央径間の支間400mは、この形式では世界一。とあります。

生月島にはカトリック山田教会があったのですが夕刻となり行けませんでした。

建築専門用語?の平戸観光案内3でした。
スポンサーサイト

CD到着

「ONE CHANCE」届きました。それから本も。

R0012116-s.jpg
音楽と本が明日への活力です。でもまだ聞いてませんが・・・・。

五味康祐 「オーディオ巡礼」より
いちど、とうとうお金ほしさに徹夜マージャンをした。数万円が私の儲けになった。これでカートリッジとレコードが買える、そう思ったとき、こんな金でレコードを買うくらいなら、今までぼくは何を耐えてきたのか・・・・男泣きしたいほど自分が哀れで、居堪れなくなった。音楽は私の場合何らかの倫理感と結びつく芸術である。私は自分のいやらしいところを随分知っている。それを音楽で浄化される。苦悩の日々、失意の日々、だからこそ私はスピーカーの前に坐り、うなだれ、涙をこぼしてバッハやベートーヴェンを聴いた。――三国人の邸からの帰途、こんな金はドブへ捨てろと思った。

またまた

四千万回も再生されているんですね。

カトリック紐差教会

市役所で会議が、帰りに、犬が猿にいじめられてシュンとしているとか、猿をみたら可愛がらずに石でも投げて下さいとか言われました。家に帰ったらオッカサンが「猿注意報がでたばい」と、猪はまだ町まではきてないようですが、ついそこまではきています。
私が思うに人が山に入らなくなったので、山奥から人里の近くまで何かとエリアを広げているきがしています。

カトリック紐差教会
IMGP2792-s.jpg

IMGP2780-s.jpg

IMGP2783-s.jpg
1873年パリーミッション会の宣教師ペルー神父が来平、田崎に仮の教会を設けました。現在の天主堂は1927年に着工し2年後に完成しています。東洋でも指折りのロマネスク様式の天主堂です。とあります。

平戸観光案内2でした。

聖フランシスコ・ザビエル記念教会

1913年「カトリック平戸教会」として建てられ、1931年に現在地に建設されました。1971年ザビエルの平戸来訪を記念して教会脇に「ザビエル記念像」が建立され、現在は「聖フランシスコ・ザビエル記念教会」と改められました。とあります。

IMGP2636-s.jpg

IMGP2637-s.jpg

IMGP2639-s.jpg

寺院と教会が見える風景
IMGP2673-s.jpg
聖フランシスコ・ザビエル記念教会の塔と正宗寺・光明寺・瑞雲寺の瓦屋根を見ることができます。

平戸観光案内1でした。

教会

本日家人は帰名しましたが、オッカサンがとぜんなか、とぜんなかと言っております。
年末のグランメッセ出店の時、来店した娘がもらった半額ペア宿泊券を利用し、約十年振り?の旅に行ったのでその時の写真をボチボチと・・・・懲りずにお付き合い下さい。

聖フランシスコ・ザビエル記念教会(平戸)
IMGP2641-s.jpg

カトリック宝亀教会
IMGP2771-s.jpg
中には入りませんでした。

カトリック紐差教会(平戸)
IMGP2786-s.jpg

田平天主堂(カトリック田平教会)
IMGP2840-s.jpg

観光案内には堂々載っていますが当然観光施設ではありません。

天主(スーパー大辞林)
①中国・朝鮮・日本のカトリック教会で、神のこと。{中国では十六世紀以来、上帝と併用され、日本で  は幕末以降広く用いられた}
②仏教で、諸天の中心をなすもの。帝釈天・毘沙門天をさすことが多い。
③古代中国で、宇宙をつかさどるとされた八神の一。
とあります。
そしていよいよ神ですが・・・・。

英国二題

いつだったかTVでチラット見て気になっていた英国 ポール・ポッツさんです。

ヨウツベより


Nessun dorma!
Nessun dorma!
Tu pure, o Principessa,
nella tua fredda
stanza guardi le stelle
che tremano d'amore e di speranza...
Ma il mio mistero e chiuso in me,
il nome mio nessun sapra!
No, no,
sulla tua bocca lo diro,
quando la luce splendera!
Ed il mio bacio sciogliera
il silenzio che ti fa mia.
(Voci di donne)
Il nome suo nessun sapra...
E noi dovrem, ahime, morir, morir!
(Il principe ignoto)
Dilegua, o notte!
Tramontate, stelle!
Tramontate, stelle!
All'alba vincero!
Vincero!
Vincero!

いやはや感動しました。

THE 3 TENORS 1994.7.16 パヴァロッティ トゥーランドット 誰も寝てはならぬ 
R0012110.jpg

パヴァロッティ&フレンズ~フォー・ザ・チルドレン・ボスニア1995.9.12 トゥーランドット 誰も寝てはならぬ 
R0012111.jpg
を思わず聞いてみました。それぞれすばらしいのですが、ポール・ポッツさん涙もんで繰り返し見てしまいました。

Imagineを聞きながら・・・・23日に有田で買ったジョン・レノン・オン・ザ・セラミックスのプレートです。
R0012103.jpg

英国二題でした。

白秋生誕祭

豊前街道南関御茶屋跡で白秋生誕祭があり行ってきました。

豊前街道南関御茶屋跡
IMGP2915-s.jpg

平野采子さん講話 「白秋との思い出」 
IMGP2934-s.jpg
父の石井了介(画家)が白秋と従弟どうしだそうで、白秋の母(シケ)方の祖父(石井業隆)は横井小楠と親交があった話など大変に興味深かったのです。また采子という名前は白秋がつけた名前とのことでした。

平野さんは染織をされる方で工芸展などで入選されているようです。
ところで、家人は小学校の写生大会で、石井采子、恵子さんのどちらかに指導していただいた記憶があるとのことです。

関島秀樹さん
IMGP2953-s.jpg
からたちの歌、城ヶ島の雨は難曲だったようで・・・・。

南関第一小学校校歌斉唱
IMGP2957-s.jpg
作詞 北原白秋 作曲 山田耕筰

ジョン・レノン・オン・ザ・セラミックス

有田陶磁の里プラザで

篠英陶磁器
R0011999-s.jpg

R0012006-s.jpg
「1993年にジョン.レノンの絵の商品化権を獲得し、各々有田焼で商品化しています」とのことです。
「在庫があるだけです」とのことで二品目ほど入手しました。

店にあったポスターを
R0012003-s.jpg
気になる方はジョン・レノン・オン・ザ・セラミックス←クリックで飛びます。

「カップ麺お湯注入後待機中蓋押さえ」も購入しましたが、人気なんですよとのことでした。
また、数年前にラーメンドンブリが開発され話題になっていましたが、今、カレー皿が熱かったのでした。

R0012021-s.jpg

星野村

「平和の塔」
昭和20年の広島原爆投下で叔父さんを亡くした村出身の山本達雄さんが、燃え続けていた炎を遺品として持ち帰りました。その火は仏壇に灯され、家族の手によって23年間守り続けられ、昭和43年には全村民の要望で平和を願う供養の火として「平和の塔」が建立されました。現在でも恒久平和を願って灯しつづけられています。
IMGP2610-s.jpg

錠光窯
IMGP2617-s.jpg
錠光窯には原爆の火が入れられており、窯の火入れは父親の達雄さんが行ったそうです。

「原爆の残り火」で検索してみてください。いろいろな発見があります。

ARTISAN&ARTIST

バッグメーカーでなくそのままARTISAN&ARTISTです。

MUSEUM KOZUMA
IMGP2605-s.jpg

IMGP2604-s.jpg
県伝統工芸館で作品を見て、さらに拠点が居住地から意外と近そうだということと、何度か通る道(平山温泉から旧三加和に抜ける道)でなんだろうという建物があったなあ~から、行ってみたらやはりそうでした。結構近場のARTISAN&ARTISTです。

錠光窯(星野村)
IMGP2618-s.jpg

IMGP2616-s.jpg

IMGP2622-s.jpg

IMGP2625-s.jpg
開窯20年ということでしたが、おっかさん曰く「しょっちゅうとおりょったとこれはじめちきましたたい」。お坊さんの修行をされた方が作陶されています。ここにもARTISAN&ARTISTが。

神仏習合

スーパー大辞林
日本古来の神と外来宗教である仏教とを結びつけた信仰のこと。すでに奈良時代から寺院に神がまつられたり、神社に神宮寺がたてられたりした。平安時代からは本格的な本地垂迹説が流行し、両部神道などが成立した。
神仏習合
IMGP2121-s.jpg
八世紀奈良の大仏建立時に、宇佐八幡神が招聘され大仏鋳造に協力したようです。

四山神社
IMGP2212-s.jpg
虚空蔵菩薩降臨の地・・・・

九州国立博物館の百済観音(法隆寺の百済観音の複製)
国宝百済観音像は、飛鳥時代を代表する仏像で、広隆寺所蔵の弥勒菩薩像などと ともに、昭和26年に初めて国宝に認定された作品の一つです。像の高さ2.09m、八頭身の長身で、樟の一本造りで両腕の肘からさきと水瓶 、天衣など別材を継いで造っています。宝冠は線彫りの銅版製で三個の青いガラス玉で飾られています。独特の体躯の造形を有し、杏仁形(アーモンド形)の目や古式な微笑みをたたえる表情は神秘的であり、多数の随筆等によって紹介されるなど、我が国の国宝を代表する仏像の一つです。本来、百済観音は、虚空蔵菩薩として伝わっていました。虚空とは、宇宙を意味し虚空蔵菩薩は宇宙を蔵にするほど富をもたらす仏様ということなのです。その宇宙の姿を人の形に表したのが百済観音だというわけです。

四山神社は「虚空蔵菩薩は宇宙を蔵にするほど富をもたらす仏様」の虚空蔵信仰で、明治初期の廃仏棄釈で分離され発足したと書いてあります。

この都合のよい曖昧さがなんとも・・・・世界平和の決め手かもしれません。(カメレオンがなんでいかんのじゃ的開き直り特性強化)

ちなみに我が村では宮掃除が当番制であるのですが、親族に不幸があった場合などこの任務を遂行できませんと一年にわたり掃除にこられないかたもいます。そして、鳥居をくぐらなければいいとかいろいろ解釈があり、この理由を説明できる方もいません。

客観的であろう理由
まず鳥居とは、俗なる人の領域と神聖なる神様の領域の境に立て、神域を示す一種の門です。
親族に不幸があった場合、鳥居に近寄らないという表現は本来適切ではありません。
神社神道は、死を忌み避ける宗教観があります。
人の死を黒不浄あるいは死穢と称し、宗教観から古来より神社の御祭神への崇敬の念をもって一定期間、神社境内に踏み込まないのは勿論、近寄らないということです神社神道では人の死を忌み避ける宗教観があります。これを古来から死穢(しえ)とか黒不浄といいます。
そのため、不幸があった場合は、神社の御祭神に対して崇敬の念をもって御神域・境内(鳥居という表現は象徴的に述べていますが)に近寄らない、遠慮するということになります。
神社御祭神に対するマナーということです。
各家庭で神棚を祀っている場合、忌中(七七日=四十九日。神社神道では五十日霊祭に相当するので五十日)の間は、神棚の前に白い紙を貼り、神祀りを一時停止します。
忌明けをもって神祀りを再開します。
同様に、神社参詣においてもこの五十日まで控える事になります。
なお、故人の一周忌まで神社参拝を控えるといった意識の人も現にいます。
これは戦前の服忌令(現今は失効)といった法体系の名残から踏襲しているということです。
その場合、初詣も控えることになります。

神道でないと関係ないと思われるのですが、神社でも葬儀(神葬祭)を行いますから、気にする事はないとは思いますよ。とも・・・・私はもっと神・仏の対立構造によるものかと考えておりましたが、結果的に神道も神道でなくとも関係ないですね都合のよいようにでしょうか(カメレオンでいかんのかい!)。

喪といい、忌というも、年賀状を出していいかどうか、とか、結婚式に招待さ れたけど、出席していいのだろうか、というような次元だけで考えていいのでしょう か。亡くなった方の死を「けがれ」たものと考える以前に、私たちは一人で生まれ、一人で生きてきたわけではありませんから、その亡くなった方にいったいどれ程の恩を受けてきたか、それを考えていかなければなりません。一般に言われているように、ある一定期間を慎み深く暮らすことも大切ですが、慣習としてのみ、あれをしてはいけない、これをしてはいけないといったことよりも、その人から受けた恩に報いる行ないを積極的にしてゆくことの方を、この期間は特に大切にして日々を送りたいものであります。

続柄\項目   忌日   服喪
父母      五十日 十三ヶ月
養父母      十日 百五十日
継父母      十日   三十日
夫        三十日 十三ヶ月
妻        二十日   九十日
嫡子      二十日   九十日
末子        十日  三十日
養子        十日   三十日
父方祖父母  三十日 百五十日
母方祖父母  三十日   九十日
伯父・伯母  二十日   九十日
叔父・叔母    十日   三十日
兄弟姉妹   二十日   九十日
嗣孫        十日   三十日

宗教により日にちはいろいろあるのでしょうが、夫と妻の差はなんなのでしょうか?忌日と服喪の関係性も?で、どうでもよいですが奥深いものがありそうですね。

販売開始

明日(20日)より食べられる予定です。

abcx1b-s
ヘルシーきのこ汁、ボリューム米粉温麺食べてみてください。

熊本城

県伝統工芸館より
IMGP2524-s.jpg

平櫓(重文)
IMGP2526-s.jpg

不開門(あかずのもん)(重文)
IMGP2529-s.jpg

本丸御殿
IMGP2536-s.jpg

大小天守閣
IMGP2533-s.jpg

熊本城と関係ありませんが、このところよく見ているサイトです。
KANPEI EARTH-MARATHON←クリックで飛びます。

新メニュー

来週からの新メニューで温麺二種類とこれのセットメニュー計四種類です。

二種の温麺
IMGP2594-s.jpg
茸を中心にしたものとツミレ、ゴボ天を中心にした二種類です。ツミレ、ゴボ天系を撮影後食しましたが、旨かったのです。またあまり食べた事のない味で楽しめました。

八幡信仰

元旦の宇佐八幡宮詣でから、家人が「はちまん」を引っ張り出してきて読んでいました。
R0011973.jpg

そこで千田聖母八幡宮に行ってみようということで行ってきました。
R0011967.jpg

R0011971.jpg
幾度となくそばを通っていても参拝したことはなかったのですが、なかなかのお宮さんでした。

 小内美由紀から聞いた彼女の祖母の家は、熊本県鹿本郡鹿央町にある。玉名市とほぼ隣接していて、JR鹿児島本線からもそう遠くない。
 鹿央町はその名のとおり鹿本郡の中央に位置する町だ。「角川日本地名大辞典」によると、昭和三十年に山内、千田、米野岳の三カ村が合併して鹿央村が成立、その後昭和四十年に町に昇格している。人口は五千そこそこの小さな町で、農業主体、ほかにこれといった特徴もなさそうなところだ。
 ところが、地名辞典を調べていて、この町に「千田聖母八幡宮」というのがあることを知って、浅見はがぜん興味を惹かれた。興味を惹かれたどころか、取材ネタとして申し分ない。・・・・・・・・
 玉名から鹿央町へは菊池川を遡るルートを選んだ。途中、菊水町というところを通過する。「南朝の忠臣」菊池一族の地元であることを彷彿させる。古代の遺跡ばかりでなく、中世の歴史的遺産も数えきれないほどあるに違いない。


R0011972-s.jpg

シャーマン巫女は?

学業成就

IMGP2466.jpg

IMGP2450.jpg

IMGP2456.jpg

IMGP2478.jpg

IMGP2468.jpg

「とうりゃんせ」探して見ましたが
雑学の部屋・わらべ歌←クリックで飛びます。

工芸のいま 伝統と創造

九州国立博物館 
IMGP2502-s.jpg
東京、京都、奈良に次ぐ、4番目に設立された国立博物館として、2005年10月16日に会館しました。とあります。何度もそばまでは行くのですが今回始めて入館しました。

「工芸のいま 伝統と創造」見てきました。
IMGP2489.jpg
総勢137名 工芸精華24名 うち人間国宝27名の高度熟練技術から作り出される美的物品(陶芸、染織、木竹工、人形、漆芸、金工、諸工芸)の数々、たまにゃじっくり見たいものです。

IMGP2492.jpg

IMGP2486.jpg
「海の道、アジアの路」 5のゾーンに分けられ約9000年前の物からの展示が、チブサン古墳の装飾壁の復元の絵?もありました。
基本の道具としてはそう変わってないというか今でも使えると思うのと、変化で9000年をみると30分も経ってないようで、ようするにやってることもそんなに変化してないのではと錯覚するのです。つまり弥生までは庶民?が見えるのですが、今に近づくにつれ庶民?が見えず、庶民?でない人、庶民?でない出来事にまつわる物の展示になるからでしょうか、庶民はそのままです。
法隆寺の百済観音の再現像もなかなか印象的でした。展示会場の暗さとダウンライトが展示物をありがたいイメージに浮かび上がらせています。

IMGP2499.jpg

スピリチュアル?

各報告資料作成および報告の第一弾がすみ一息です。しかし今日の報告は、ある事件をきっかけに資料作成をサボっていたため、にわかずくりで指摘事項満載で、年度末でなく今月末までになんとかすることとなりました。まあ、ある事件の決着の方向性がでただけでも収穫であります。

リッピングしました
IMGP2419.jpg
たしかどの曲かは線香のコマーシャルだったようなきがしております。

10日に家人に買ってもらったオカリナ
IMGP2417.jpg
線香の曲のイメージからかもしれませんが、オカリナの音は、スピリチュアルの意味もわからないのですがスピリチュアル風ですねえ。
どうしても、さあヤルゾォ~!より、南無阿弥陀仏(なもあみだんぶ~)になります。

どんどや

雪のどんどやでした。
IMGP2338.jpg

IMGP2348.jpg

IMGP2354.jpg

IMGP2369.jpg

窯元探訪

ポットに合うドリップを探したいということで、菊池 元昌窯・有紗釜へでかけました。
IMGP4480.jpg

IMGP4479.jpg

IMGP4475-s.jpg
きちんと合う(土、柄、大きさ)のはペアで売られていて、単品のものは合いそうになくあきらめられ、ゴマすりスリバチを入手されました。
外はうっすらと雪が積もりなかなかよい雰囲気でした。ここでの新発見(薪について)はまた別の機会にまわします。

中途半端な時間でしたので西原村まで足を伸ばしました。

Sweet Memory で遅い仮?昼食(爆)
IMGP4489.jpg
ジジイとしてはチョットばかりコッパズカシイ状況(ハート形のお皿上のハート形のパンなど)でしたが、還元水、バラの栽培などの話で盛り上がりました。店名はマダムが松田○○のファンということで付けられたそうです。

天(SORA) (BLOG11月18,20日既出)を再訪問しました
IMGP4495.jpg

IMGP4497.jpg

家人にオカリナを買ってもらいました。
IMGP4502.jpg
わかる人にしかわからない、極めて内輪な大津山周辺系の話や、バイト先Oさん系の話でやたらめったら盛り上がりました。
Fさんお世話になりました。そのうちにまた参上いたします。

帰る途中で
IMGP4537.jpg

さあ!やり残している監査の準備だあ~ぁ~。

巫女さん

お正月に奉仕中の巫女さんたちです。
数年前、宮総代をやっていたころに神職の資格取得について調べたことがありますが、神社関係でなく目指すのはそれなりの覚悟がいるようです。巫女さんは別なようですが。

IMGP2126-s.jpg

IMGP2247-s.jpg

IMGP4361-s.jpg

引用ーー>
現代
現代日本では巫女は神社に勤務し、主に神職の補助、また神事において神楽・舞を奉仕する女性を指す。舞姫(まいひめ)・御神子(みかんこ)と呼称される場合もある。巫女に資格は必要ないが、神職の資格を持つ女性が巫女として神社に勤務することもある。なお巫女は男女雇用機会均等法の適用外なので女性を指定しての募集が認められている。

助勤巫女
正月等の繁忙期には神社の大小に関わらず臨時のアルバイトを採用している例が多い。一般的にアルバイトと称される臨時雇用を神社では「助勤」「助務」と呼称される。神社独自で雇用を呼びかける、或いは大学・高等学校等への求人の呼びかけ等で採用される。また、神職養成機関に所属する女子学生が研修生・実習生として臨時に助勤巫女として奉仕する例もある。神社によっては、千早の着用の有無等で本職巫女と区別される場合もある。

本職巫女
基本的には資格が必要とされない為、心身ともに健康な女性ならば巫女になることは可能である。本職巫女の多くは神職の娘・近親者など、その神社に縁がある人が奉仕することが多く、本職巫女の求人は余り多いとは言えない(本職巫女を置けるのは大規模神社に限られる場合が多い)。本職巫女の求人は、新聞・求人広告、ハローワーク等に掲載されることがあり、神社関係者で無い場合はそれらを探すのが本職巫女になる現実的な手段であろう。また、神職養成機関には、神職の他に少ないながら本職巫女の求人が寄せられることもある。
女性が本職巫女として奉仕できる年数は短く、義務教育修了後(現実的には高等学校卒業)から勤務し、20代後半で定年を迎える例が多い。短大・大学を卒業してからの奉仕であれば、数年間しか在職しないことになる。定年以降に神社に勤務する場合は、神社指定の制服や松葉色・紺色などの袴を履くなどして服装で区分され、また職掌の上でも神事に奉仕する女性職員を巫女、それ以外の事務作業などを行うのが一般女性職員と区分される事が多い。
尚、神楽を奉仕、指導する巫女については、技術継承などの問題から結婚してからも神社職員として続けている例もある。
  <--引用終わり                        Wikipediaより

最大ネットワーク

稲荷信仰は最大規模とされ、全国に三万二千社で小社まで含めると四万とも五万とも言われているらしいです。第二位の八幡信仰が三万から四万だそうですが、お稲荷さんがネットワーク拡大上手かは不明です。

稲荷神は「農耕神、穀霊(食物神)、開拓神」という農耕神から、商・工業、諸産業の守り神と拡大し、福神信仰の中心的な存在となり、都市生活者の衣食住にかかわるあらゆることを守護する、非常に便利な神様となって広がったようです。ネットワーク拡大の見本のような品揃えというより、スペードのエースですね。

祐徳稲荷
IMGP4353-s.jpg

それぞれの祈り、願い
IMGP4376-s.jpg

IMGP4379-s.jpg

IMGP4391-s.jpg
感謝 そしてこんな時だから それぞれの深い祈りが・・・・明日はどっちだ!

IMGP4347-s.jpg

入門鉄ちゃん
IMGP4339-s.jpg

神社

初詣もとどこうりなくということで、前の本を引っ張り出してみました。

神社のルーツと神社の系譜
R0011946-s.jpg

神社のルーツはとりあえずの辞書的に
都市、山、海、武・文・人神も系統別に系を分類し、信仰のルーツ、特徴、祭神などが述べられていてわかりやすいです。宮参りに行く時どういうお宮か少しでもわかっていると面白いかもしれません。また行った機会に由緒書をもらってくるといいでしょう(さっぱり分かりませんが)。

神社の系譜
太陽の動きを、神社の配置に応用した「自然暦」で系譜を考えている。ようするにピラミッドなど夏至の太陽の光がどうのこうの、影がどのこうのを神社の配置で捕らえています。
第一章 怨霊の神々
 ・神田神社  伝説の絶えない場所  なぜ東京のど真ん中に
  首塚伝説すべては祟り
 ・北野天満宮 行きはよいよい帰りはこわい 荒ぶる怨霊神
  とうりゃんせ の歌詞が荒ぶる神をものがたっている とのこと

祟り引用ーー>
日本の神は本来、祟るものであり、タタリの語は神の顕現を表わす「立ち有り」が転訛したものといわれる。流行り病い、飢饉、天災、その他の災厄そのものが神の顕現であり、それを畏れ鎮めて封印し、祀り上げたものが神社祭祀の始まりとの説がある。
現在では一般的に、人間が神の意に反したとき、罪を犯したとき、祭祀を怠ったときなどに神の力が人に及ぶと考えられている。何か災厄が起きたときに、卜占や託宣などによってどの神がどのような理由で祟ったのかを占ってはじめて人々に認識され、罪を償いその神を祀ることで祟りが鎮められると考えられている。神仏習合の後は、本来は人を救済するものであるはずの仏も、神と同様に祟りをもたらすと考えられるようになった。これも、仏を祀ることで祟りが鎮められると考えられた。しかしこれはあくまでも民間信仰、つまり一つの見解であり、仏教本来の考え方においては、祟りや仏罰を与えることはない。
後に御霊信仰の成立により人の死霊や生霊も祟りを及ぼすとされるようになった。人の霊による祟りは、その人の恨みの感情によるもの、すなわち怨霊である。有名なものとしては非業の死を遂げた菅原道真(天神)の祟りがあり、清涼殿への落雷や醍醐帝の死去などが祟りによるものと強く信じられるにいたった。時の公卿は恐懼して道真の神霊を北野天神として篤く祀り上げることで、祟り神を学問の守護神として昇華させた。このように、祟り神を祭祀によって守護神へと変質させるやり方は、おそらく仏教の伝来以降のものと考えられ、それ以前の最も原始的な日本人の宗教観は「触らぬ神に祟りなし」のことわざどおり、御室の深奥でひっそりと鎮座する神霊を、機嫌を損ねて廟域から出ないように、ただ畏れて封印するものだったのかもしれない。
一方、怨霊として道真と並んで有名な平将門の将門塚周辺では天変地異が頻繁に起こったといい、これは将門の祟りと恐れられた。時宗の遊行僧・真教によって神と祭られて、延慶2年(1309年)には神田明神に合祀されることとなった。また、東京都千代田区大手町にある将門の首塚は移転などの計画があると事故が起こるという話もある。
全国各地にみられる「祟り地」の信仰も原始的な宗教観を映し出していると見ることが出来る。祟り地とは特定の山林や田畑が祟ると恐れられているもので、そこで木を伐ったり、所有したりすると家人に死者が出るという。東海では「癖地」「癖山」などといわれ、地方により「祟り地」「オトロシ所」「ばち山」「イラズ山」などの呼称がある。こういった場所には昔、処刑場があったとか縁起の悪い伝承が残っていることが多いが、このような土地は古えの聖域、祭祀場であり、本来、禁忌の対象となっていたものが信仰が忘れられて祟りの伝承だけが残ったという見解もあり興味深い。
神木や霊木の祟りも全国によく見られる話である。日本では今でも古くからの巨木・老樹に対する信仰が残っているが、民間にも老樹にまつわる祟り伝承があり、信州には斧で切ると血を流したという一本松の伝説があり、各地に似たような話が伝わっている。
同様に「動物霊」も祟ると考えられており、特に猫の怨霊は恐れられ、「猫を殺すと七代祟る」といった俗信がある。
<--引用終わり                       Wikipediaより

呪い引用ーー>
呪い(のろい)とは、人あるいは霊が、物理的手段によらず精神的・霊的な手段で、他の人、社会や世界全般に対して、悪意をもって災厄・不幸をもたらす行為をいう。「呪う」という言葉は「祝詞(のりと)」と語源的には同じで、「宣(の)る」に反復・継続の助動詞「ふ」が接続したものであり、古代の言霊信仰に由来するものと思われる。
日本では既に死んだ人・動物や神霊がなす呪いを特に「祟り」と呼び分けることが多い。呪術(まじない)とも関係が深いが、呪術という言葉は意図および結果の善悪にかかわらず用いられるのに対し、呪いという言葉はもっぱら悪い意味で用いられる。
呪いは生きた人間による場合には、呪文、祈祷、その他の言語的、呪術的または宗教的な行為によって行われるとされることが多い。具体的には宗教・文化的背景によって様々な違いがあり、神・悪魔その他の強力な霊の力を借りてなされると考えられたり、あるいは自己の霊能力によると考えられたりする。
俗に、単なるジンクスを何かによる呪いと考えて、「何々の呪い」と呼ぶこともある(都市伝説の呪い)。

<--引用終わり                          Wikipediaより

ちなみに弁当の呪い←クリックで飛びます。

近場のうまそうな物

3日阿蘇一宮の阿蘇神社へ、その時の「とり宮」の様子です。
IMGP2268-s.jpg
とり宮←クリックで飛びます。私も馬ロッケ、他買って帰りました。

ですが今日はほぼ居住地域です。

松井精肉店
R0011932-s.jpg
R0011919-s.jpg
馬スジを煮込んだコンビーフ状の肉が入っています。馬コロッケ

うさぎ屋
R0011933-s.jpg
R0011918-s.jpg
中身が多様で とりあえず焼けていた黒アン、白アン、クリームをいただきました。

なんともわかりにくい話を間に、なんとなくわかりそうな食べ物の話題で挟んでみました。

睡眠導入本

タバコを休憩し体重が増え続けている。
これは問題で今年は、
  ①多少健康を気にした行動をする。
  ②よく眠る(睡眠導入難解本を読む)。
を目標にしました。
理想は「純粋理性批判」を読むことですが無理と思われます。

寝床PC
R0011907-s.jpg
屁理屈親父から還暦哲学親父をめざして・・・・・
しかし、数行でめげて眠ります。

むむ~

元旦のことです。

無限プチプチが在庫限り300円との広告が、これは入手しなければと店に走ったしだいです。
R0011884.jpg
ブームは去っていますが、流行ものは流行が去ってからが狙い時で、まだ無限ペリペリは結構な値段のようでした。また枝豆は発見できていません。
使用感はプチプチより固めで指先の力が多少要ります。無限ということで達成感は少ないのですが、短時間なら癖になりあれは何処へいったと探すこともしばしばです。

豊後とり天
R0011841-s.jpg
「大分市2002年まちづくり活性化協会賞」を受賞とあります。フライドポテトを大きくしたような形状の鳥の天ぷらです。家まで持って帰りその内に食べようと思ったら家人が大半を食べていました。露天で匂いでお客様をおびき寄せるタイプの食べ物です。

雲丹のり
R0011864-s.jpg
上沼恵美子さんが大絶賛
  お土産スカウトキャラバンで紹介され・・・・
  全国お土産
ベスト3に選ばれました。
とあり値段が手ごろなので入手したのですが、美味しいのです。
家人いわく「(雲丹とのり)まずいはずがなかろうもん」と圧倒的に納得させる講釈でした。

八女抹茶バーガー
R0011877.jpg
九州自動車道「広川パーキングエリア(下り)」2008年10月31日リニューアルOPENということで、夕食を食べに寄りました。八女抹茶バーガーのPOPが目に付き探したのですがありません。何人かの方に聞いたのですがわからず、何とかたどり着いたのが鉄板焼き「グルメ風月」、ここでもう終わりましたというのを、家人の厚顔(本人は異論があることは重々承知)で焼いていただき入手しました。
バンズに抹茶が入っているのとソースにアボガドが入り、抹茶色が前面にでているということで、味はそこそです。
気になるシュークリームもありましたが、なにかと民営化後面白くなりつつあるようです。

雪と花

元日のことです。

宇佐神宮駐車場にて さくら?
IMGP2178-s.jpg
高木彬光「邪馬台国の秘密」 内田康夫「はちまん」・・・に出てきますが、宇佐八幡宮は日本三大八幡宮のひとつで総本社です。

大分自動車道 由布岳PAから鶴見岳
IMGP2199-s.jpg
行きはふぶきでしたが宇佐道路に入る頃は晴れ、帰り由布岳などの上のほうは樹氷が見られました。

好天

宇佐神宮(1日)、四山神社(2日)、好天の今日恒例の阿蘇神社へ初詣に行きました。運良く楼門横の駐車場へ案内され、オッカサンにとって好都合でした。

IMGP2231.jpg

IMGP2254.jpg

3日にもなると若者が多いように?思うのです
IMGP2262.jpg

IMGP2273.jpg
とり宮へバロッケをもとめに、新商品のギョウザもでていました。

古賀の滝にも立ち寄りました。
IMGP2291.jpg

帰大

新春二日目小組初寄
会議終了後早々撤退
訳弟姪玉名送帰大阪

玉名駅
IMGP2204.jpg

大牟田有明沿岸道(事故渋滞中)
IMGP2227.jpg
弟姪玉名送後四山神社(虚空蔵菩薩降臨地)立寄後至南関途中道

新年

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


2008年と同様雪の元旦となりました
R0011854.jpg

宇佐神宮
IMGP2092.jpg

IMGP2110.jpg

IMGP2104.jpg

IMGP2106.jpg

IMGP2101.jpg

IMGP2123.jpg
プロフィール

今昔田舎亭

Author:今昔田舎亭

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ