AYU

今年の8月も今日でおわりですが、K先生の所へ不調パソコンの調査へ、未解決のまま帰宅したところしばらくして「魚ばとりいくぞ」とTEL、断る理由もなくI氏と飛んでいきました。「獲るっかどぎゃんかわからんばってん」とのことでしたが、30匹以上の鮎が獲れたしだいです。

鮎甘露煮
R0011521-s.jpg
夜、胃袋におさまりました。(実に美味かったのです)
川に入ったのは何十年振りでしょうか?収穫があったからでしょうが、野生がよみがえりヨッシャ~!という気分でした。
無論、こちらからは「魚を獲りに行きましょう」とは言いにくいので、手が足りない時は「いつでもお声掛け下さい」と・・・・有難うございました。(はまるかも)

8月 少年時代でした。
スポンサーサイト

風鎮祭

昨日上方の方では豪雨による被害、思わずあちらこちらに状況問い合わせをしました。
そして今日は風鎮祭でした。

IMGP0310-s.jpg

IMGP0308-s.jpg
台風除け、洪水除けで五穀豊穣を願う、誰も異存はなかろうと、実にわかりやすい祭りです。
幸田では稲刈り直前の田んぼが水没したようで、電車が止まるとかはその内に動き出すのでしょうが、米が取れないということは今年が存在しなかったと同じ事だと思うのですが。

スイカ収穫体験

五百余名のスイカ収穫体験がありました。

第一陣を待つ
IMGP0204-s.jpg

いよいよ
IMGP0215-s.jpg

IMGP0219-s.jpg

IMGP0226-s.jpg
これ以降雨になり第四陣まで

「どうやって掘るの?」といった君・・・・「スイカは土の上になるんだよ!」

喧騒の後、気がつけば曼珠沙華
IMGP0255-s.jpg

IMGP0248-s.jpg

CD

故障したエアコンの修理に来られましたが、工場に「一言いわないかん」とすぐに帰られました。昨年の夏に故障し、夏は我慢するから冬にはなんとかして下さいという事で、今年の1月に室外機を取替え、なんとか動いていたのですが、しかし先週室外機が完全に停止したのです。
そして全然関係ないのですが、メンテの方がDEENの池森さんに似ていると思ったしだいです。

昔、家人はペダルを踏みながらDEENをよく聞いていました。そんな影響もあり私もビーイング系ではBzよりDEENがお気に入りだったのです。この間帰省した際にも家人、娘共々ZARD、織田哲郎など若干話題になり当時を思い出しました。(娘達はポケベルでの交信?に夢中でした)

ヒサビサにCDを買いました
IMGP0191-s.jpg

IMGP0184-s.jpg

ヨウツベ(このまま・・・)

なんと映像の中に天草の橋と三角のフェリーターミナルを発見しました。
ヨウツベDEEN(翼を広げて)

ヨウツベZARD(翼を広げて)

アチャ~

置いていただけなのですが眼鏡が損壊しました。一番長く使っていた眼鏡はたしか去年あたりに損壊し修理をしてなく、とにかく掛ける事のできる眼鏡を掛け修理に行いきました。ただ今となっては矯正力が強く5分もかけているとフラフラするのです。
置いていて損壊した眼鏡について、眼鏡屋さんは「そんなこともありますよ」、「一ヶ月に一度くらい来てメンテナンスして下さい、汗などでフレームはともかくネジが腐食し折れるんですよ」と無料で直していただきました。有難うございました。
また以前に損壊した眼鏡もバックアップ用に修理を依頼しました。これは独逸までは行かないとは思いますがメーカー送りとなりました。
最近の家電と違い故障が分りやすくていいですねえ・・・・比較する方がおかしいですか。ともかく単純な物のほうが修理しながらでも長持ちすると思います。
公民館の電気掃除機が壊れたので、この事例を出し、あくまでもチリトリとホーキの優位性(エコ含め)を訴えたのですが当然否決されました。なんか壁が破れないのですよ水没しそうなのに。(爆)

NIKE(ナイキではありません)
FH010029-s.jpg

サモトラケのニケ(NIKE) (勝利の女神)
FH010030-s.jpg
次女婿がニケ(NIKE)のゴムぞうりを履いていたので思い出しました。電動で羽が動いていたらおそらくここにはなかったでしょうし、残っていなかったかもしれませんね。
NIKEナイキでなくニケです。(爆)

オホーツクの舟唄 (前回バージョンなし)

ハイ、やっぱこれだよと言いながら聞いてます。

なんかなあ

Google ストリートビュー 凄いというかエライコッチャヤというか・・・・!?。


京都駅付近LINK←飛びます(寒くもなくやたら暑くもなくいつ頃でしょうか?)

こんなカメラを載せたプリウスが走っているらしい?(弟より)
abc1.jpg
なんでんかんでん映って(撮られて)いるぞ?!

パリ←飛びます。↓が見えるかなあ?
FH030015-s.jpg

長崎シリーズ(長崎編)20日

IMGP2601-s.jpg

IMGP2603-s.jpg

IMGP2622-s.jpg

IMGP2595a-s.jpg

IMGP2583-s.jpg

長崎シリーズ(佐世保探訪編)20日

18日長女と孫がUターンし、今日22日家人と次女夫婦がUターンし、夏のイベントは終わり寂しくなりました。

次女夫婦が原爆資料館に行きたいということで、広島は帰省途中で寄ったらしく、そして20日に長崎の方に出向きました。

佐世保探訪
IMGP2549-s.jpg

IMGP2568-s.jpg

IMGP2569-s.jpg

IMGP2566-s.jpg
次女夫婦は耳カキマニアばかりでなく商店街アーケードマニアでもあるらしいです。路地裏もなかなかいいですけど。

西海橋より針尾送信所
IMGP2573-s.jpg

http://yamaga.jugem.jp/?eid=372#comments
昨年のBLOGから
ガイドさんより、針尾送信所 「ニイタカヤマノボレ一二〇八」の話があり、調べてみましたが、無線塔は約135m前後のものが三本コンクリートで作られていて、300m間隔の正三角形に配置されているそうです。周波数までは分りませんでしたが探してみたいと思います。ただ「ニイタカヤマノボレ一二〇八」は千葉県船橋市行田にあった船橋送信所から発信されたそうです。
無線塔といえば私のかつての居住地の近く(刈谷)にも、依佐美(よさみ)送信所がありましたが、平成5年に送信を停止し、平成8年8月より鉄塔の撤去工事が開始され今はありません。当時は大出力長波で潜水艦と交信しているのだと思っていました。(250mの鉄塔が8本)
高圧線鉄塔、無線塔マニアではありませんが、針尾送信所には行ってみたい気もします。そこらのコンクリート電柱の巨大なものが135mの高さで立っていると思うだけでゾクゾクしませんか?!
 ①ツッカゲはせんどか?
 ②ドギャンシテつくったっじゃろか?(大正7年)

今回は先があるので立ち寄る事は出来ませんでした。

長崎シリーズ(佐世保バーガー編)

ハンバーガショップ ヒカリ 手作りの味を頑固に守る老舗店
この店が学生向けに作ったのがジャンボバーガーの発祥。市民に親しまれてきた味を守るため、支店は出さず個数も限定。納得の旨さだ。(佐世保バーガーマップより)
IMGP2544-s.jpg

x3-s.jpg
路駐でテイクアウトで食べました。旨い!こら違うド と感じました。

ビッグマン 譲れない!発祥店のこだわり
ベーコンエッグバーガーを生んだ佐世保バーガーの先駆け的な店。口の中で旨みがジュワッとしみ出す自家製ベーコンは圧巻。(佐世保バーガーマップより)
IMGP2564-s.jpg

z3-s.jpg
お店で食べましたが、これまた旨っ!でした。自家製ベーコンを食べてみなって感じで出していただきました。有難うございました。(左下ステーキバーガー、右上海老チリバーガー、右下ベーコンエッグバーガー)

ベテランさん?はリュックを背負いバーガーとビール、そして徒歩で数店まわる違うかなあ?それ風の人が・・・・。

ちなみに、地元の食材を使っていること、注文を受けてから作っていること、独自のこだわりがあることが佐世保バーガーの認定基準のようです。
IMGP2556-s.jpg

耳カキ

病院待ちの間に次女夫婦と慈雨さんに遅めの昼食に行きました。すでにランチは予約分で終了したとのことで三者三様となりました。

とても美味しかったです。

PENとGRD(たぶん)がカウンターに置いてありました。
娘がMACを発見 「ipodとの同期がとれなくなって」とMACを持ち込まれていたようでした。
オジン一人では入りにくいと思ってましたが、食事中に一人でおじ様がおみえになり「平尾台」の話をされていたので、ついついお友達になり(ちなみに私小学校4年まで無法松でした)またどこかでお会いましょうということに。

娘旦那が「どうして山鹿に?」と、おじ様「流れ流れて」と・・・・なんかいいですねえ。

その後家人復帰4人で古民家ギャラリー百花堂さんに「耳カキ」を求めに
R0010311-s.jpg

娘夫婦は耳カキマニアのようで
R0010325-s.jpg
一番上は東急ハンズのそれなりもの
二番目は徳島の美馬市脇町のうだつで求めたもの
下が山鹿の百花堂さんで求めたもの

ここでは
娘が「なぜ耳カキを?」と、百花堂さん「耳カキが好きだから」と・・・・こういうのもなんかいいですねえ。

Uターン

長女と孫がUターンしました。(結構寂しいものがあります)
IMGP2507.jpg

家人の実家にて
IMGP2534.jpg

IMGP2524.jpg

夜、次女夫婦がやってきました。青春18切符 広島で広島焼きを食べて?バテたようで、その後新幹線にしたようです。

弟夫婦が↓の「そば通の証」を獲得したようで、出石手打ち皿そばが一年間無料のようです。
     近又←クリックで飛びます。投資は1時間以内50皿(5730円)だそうで、一年間は必死でかようことになりそうですねえ。

山鹿灯篭(16日)

午後から激しい雨になり、山鹿灯篭祭りのメインのイベント(千人灯篭踊り)は中止になりました。娘、孫が楽しみにしていただけに残念です。

15日の記録
IMGP2132.jpg

IMGP2151.jpg

IMGP2199.jpg

IMGP2217.jpg

IMGP2242.jpg

IMGP2269.jpg

空港あたりは夏の空でしたが阿蘇外輪では夏の天気(夕立)でした。

山鹿灯篭祭前夜祭日

Uターンラッシュ前 (阿蘇くまもと空港)
IMGP2164.jpg

IMGP2194.jpg
お土産を探しに? (ご当地まりもっこり) まりもっこりMAP←クリックで飛びます。
たしか昨年はご当地キューピーを探しに空港へ、空港はご当地シリーズの堆積・発掘現場のようであります。

花火大会
IMGP2280.jpg

IMGP2461.jpg

IMGP2430.jpg

IMGP2326.jpg

帰省ラッシュ(13日)

娘が帰省しました。帰省する方でなく迎える方になり久しく、帰省ラッシュはニュースと迎えに行った駅の駐車場の混み具合で推し測るしかありません。そしてこの時期になると思い出すのが23年前のことです。この時は帰省する方で今はなきオトッツァンが博多駅に迎えにきており、普通は「元気じゃったかい?」「どぎゃん、混んどらじゃったかい?」あたりが定番と思われますが、その第一声が「飛行機の行方不明になっとるばい」でした。真相はわかりませんが、圧力隔壁とか金属疲労などの言葉が一般的になったようにも思います。その後、一部では金属疲労は勤続疲労に変化していったようであります。

明日から山鹿灯篭祭りです
R0010299.jpg

R0010298.jpg

人気スポット

早朝の菊池渓谷
IMGP2077-s.jpg

IMGP2049-s.jpg

「瑠璃色」良くはわかりませんがなんとなくあこがれます。日中WBをタングステンで撮ると・・・・。
IMGP1933-s.jpg
瑠璃色?

娘からの便り

子鬼(笑)の居ぬ間に(引用)

フレンチランチavec妹夫婦
19109061_3299593776.jpg

個室が3室のこじんまりと心地の良いお店になっていました。部屋から庭、そして山が見えます。
19109061_1147122513.jpg

“他のお客さんが来る前に見学してきて良いわよ”とのマダムのことばに甘え、携帯持ってウロウロ
19109061_2133790560.jpg

マダムが山歩きで拾い集めた枝やテッポウユリを生けているそうです。
19109061_827659083.jpg

アボカドとカニのゼリーよせ、バジルソースとピリ辛ソースを添えて。バジルソース絶品でした。
19109061_87673539.jpg

メインは魚料理、コチでした。蕎麦の実のリゾット添え。この後にサプライズ料理が…
19109061_412971067.jpg

奥から時計回りに、巨峰とグレープフルーツのシャンパンゼリー、南瓜プリン、メロン、バニラアイス
19109061_131854813.jpg

前回お会いした時は独身だった私たち姉妹に、マダムが“結婚のお祝い”をくれました。漬物にちょうどよさげ
19109061_1695683259a.jpg
他に、前菜、スープ、なんとソバがあったようです。このお店以前は家から比較的近場にあったのですが、春日井に移転されてからはご無沙汰しておりました。私もあちらに行った時には訪れてみたいものです。ランチ後に愛知環状で瀬戸へ出て散策、熊本の方で多治見で作陶されている窯場の訪問など想いは尽きません。

仕事でこのランチに同席しなかったナオに『何か土産を』と言われ、“しゃちぼん”笑
19109061_66107536.jpg

フランスより一時帰国中のま~なさんにお土産いただきました。
19109061_1406890396.jpg

突然ですが菊池水源 広河原
IMGP2024.jpg

IMGP2061.jpg

IMGP2034.jpg

ああ二回分です。(爆)

暑い

暑さに慣れてはきましたが暑いです。

かってに仮称(せせらぎ街道)
IMGP1889.jpg

IMGP1895.jpg

IMGP1907.jpg

応援

いか釣り漁業応援キャンペーンにのっかり間接的に応援してきました。
家人曰く「いかばっかり」と・・・・。

帰りは胸焼けでなく空が焼けました。
IMGP1638-s.jpg

その他応援?
IMGP1552-s.jpg

IMGP1549-s.jpg

はてな

T社のマシンIEで直接のヨウツベが再生できません。IEを7に入れ替えフラッシュを入れ替えてもいかんのです。そこでSafirにしたら再生できました。突然のことです。はてな。

時々車のドアのロックがかかります。異常な赤外線が出ている?携帯電話でもあったような?必ず鍵は、いかなる時も、どんな時も、雨が降ろうが槍が降ろうが、車の外に持って出なければなりません。突然発生するのです。はてな。

「ネコジャラシの祟り」その後ひどい咳はでません。 はてな。

もうすぐ山鹿灯篭祭りです
IMGP1522-s.jpg

何かと・・・・(7日)

最近早朝更新が頻発しておりますが7日のです。

夕食時に孫の咳がひどくなり、孫(3歳)の自己判断によると「風邪ひいたかも?」と言い、その遠因は「郭公の郷50%水没の件」にあるのでは?と、原因と結果その過程における管理機能の不全などを追求確認し、対策を施すことにより再発防止を思考する私でありました。その時、いかにも人生経験の浅い孫の自己判断に、孫に比して比較的人生経験の長い還暦目前の少し前である家人が、「ネコジャラシの祟りじゃ」と、そのシャーマニズム的発言から、曾ババとの散歩の途中で収穫されたネコジャラシは葬さられたのです。その後、咳は沈静化の方向へ向かうのでありました・・・・。

郭公の郷50%水没の件
IMGP1394-s.jpg

上記郭公の郷で先だって開催された記録が公開されました(↓了承なしにお借りしています)
ph_camp2008072812.jpg
大学生 in 上津江「津軽三味線おさらい会&親睦会」←のクリックで飛びます。

上津江(郭公の郷)よいとこ一度~はおいで!ドッコイショ・ドッコイショ!
兵戸トンネルをぬけての一瞬の景色、兵戸トンネルから上津江道の駅までの「せせらぎ街道」(岐阜の郡上から高山に抜ける「飛騨せせらぎ街道」のイメージに近い気がすることから、私がかってに呼んでます)は、私のドライブコースベスト5の中にランクされます。いやウォーキングコースということで・・・・。

オホーツクの舟唄

立秋の日

暑い時に またまた オホーツクの舟唄



網走でなく斜里の原生花園だったはずです
a030-s.jpg
SUBITEM 「列車の記憶」 1971年夏斜里から知床(ウトロ)へ、番屋で「バイトに来たの?」と勘違いされ、そして7月末でしたがストーブが焚かれていました。
そういえば先だって通販のコタツのMLがきたような・・・・・・。今はもう秋、ただただ暑い。

天然のクーラー(5日) No.2

長者原
IMGP1433-s.jpg

IMGP1431-s.jpg

IMGP1434-s.jpg

IMGP1406-s.jpg
もやがかかり見晴らしはイマイチでしたが、やはり涼しかったのです(車の窓を開けたら車の中に在可能な様)。

天然のクーラー(5日)

ちょいと涼みに行ってきました。

郭公の郷←で飛びます。
IMGP1350-s.jpg

まだ紫陽花
IMGP1399-s.jpg

もう彼岸花
IMGP1398-s.jpg

先だって国際交流が行われた所、行ってきましたが、異国の人が川に入り帰りたくないと申しておったそうです。川面はとても涼しく水はとても冷たくとても心地よいところです。この日孫は50%水没しました。

ビル再生事業

プラザビル再生での研修会「地産地消と物産店及び商品開発等について」があり、地域再生マネージャーの 斉藤俊之さんが取り組まれた各地の事例を説明されました。
印象的な言葉は
・徒歩圏内マーケット
・物を売るのでなく事を売る
・変わらなければ負ける(すべてこれではないとも思うが、変わる方向が昔(先達の知恵など)もを含むなら納得)
・「瓢箪から駒」「怪我の功名」「思惑倒れ」・・・・金がなければ知恵と工夫を(パワー勝負で勝ち目はない)
・コンセプト、デザインはもういいから
・確信をもつ
・集積の強み
などなど。市職員(休日に)が自ブランドのトマトジュースを出すとか・・・・投資少なく結構やってます。
↑斉藤俊之の名前をクリックするとサイト(オジンギャグではない)開きます。

長谷寺 2007.07.18 (D200)
D20_3240.jpg
ずっと変わってないんだろうなあ~。

リキュールがバケツひとつで出来て注目的なことも。そういえばFさんあのリキュールまだありますか?

遠足前夜(2日~3日)

今日でバイト先早朝開店は一応終了です。このところ蓮の花も減少傾向にありカメラマンの方もメッキリ少なくなりました。色々な出会いがあり、あの方この方どうされているのかなあと気になる時(祭りの後の寂しさを経て祭りの回想時期)でもあります。

x1.jpg

IMGP4526.jpg

前日はああだこうだとなかなか眠れず、当日は目覚まし時計よりはるかに早く起きてしまう、遠足前夜状態と明けです。幾つになっても遊び(釣りなど)に行く時はこんな状況で、早く目が覚め何度も装備品の確認をしたり、釣果の想像をしたり、出発までの時間をもてあましウロウロするのです。
釣りでありません孫がやってくるのですが(私も親にこんな思いをさせていたのでしょう)。
プロフィール

今昔田舎亭

Author:今昔田舎亭

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ